プレゼント 書評こぼれ話

  お待たせしました。
  東海林さだおさんの人気シリーズ「丸かじり」の最新刊
  『シウマイの丸かじり』です。
  そして、
  もうひとつお待たせしました。
  今日1月12日から
  新宿京王デパート
  新春恒例の「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」が
  開催されます。
  今回もおいしそうな牛肉弁当が登場します。
  それに
  もしかしたら会場で
  東海林さだお さんにお会いできるかも。
  牛肉弁当の列に臆して
  シウマイ弁当を手にしている人がいたら
  東海林さだおさんかも。
  まさか。

  じゃあ、食べよう。

  

sai.wingpen  シウマイは旧仮名づかい?                   

 かつて丸谷才一というえらーい作家先生がおられました。
 丸谷先生は平成の世になっても一途に旧仮名遣いをお使いになられて、旧仮名遣いというのは「どうでしょう」というところを「どうでせう」なんて書く、あれです。
 これであっているかしら。
 突然そんなことを思い出したのは、東海林さだおさんの人気シリーズで最新巻となる39巻めが「シウマイの丸かじり」だからだ。
 焼売は「シュウマイ」ではないのか。
 「シウマイ」といえば、もちろん有名な崎陽軒の「シウマイ弁当」でありますが、豚まんで有名な大阪551蓬莱の「焼売」は漢字表記でうまくこの仮名遣い問題から回避しています。
 「シューマイ」という表記もあるでしょう。
 それをこともあろうに「シウマイ」と記すのはあまりにも崎陽軒に染まりすぎてはいないか。
 いやもしかして、東海林さだおさんは丸谷大人に尊敬の念強く、旧仮名遣いで書かれたとも考えられる。
 そんなことを書きたくなるくらい、今回も面白くてためになる(?)食べ物エッセイでした。

 大急ぎでまじめな話を書いておくと、今回の初出は2014年10月から2015年7月に「週刊朝日」に連載されたもの。
 ここまで長期間の連載ですから、食べ物の話は書き尽くしたのではないかとお思いの読者もおられるでしょうが、なんのなんの、食べ物の話は森羅万象。
 五右衛門ではないですが、浜の真砂は尽きるとも世に食べ物の種は尽きまじ、です。
 なんの、なんの。
  
(2017/01/12 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3080-31ee3800