プレゼント 書評こぼれ話

  今日は山本周五郎
  『大炊介始末(おおいのすけしまつ)』という
  短篇小説集を紹介します。
  この本を読むきっかけは
  書評にも書きましたが
  昨年の暮れに聴きに行った
  石田衣良さんの講演会で
  この作品のことが話されて
  ではと、手にとりました。
  石田衣良さんのオススメ以上に
  書評に書いた「ちゃん」という作品が
  よかった。
  この作品では終盤きゅんと鼻の奥が
  なんともいえなくなりました。
  熊本時代の宮本武蔵を描いた「よじょう」という作品も
  巧い。
  今年は山本周五郎にはまってみますか。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  生きていくというのも悪くはない                   

 山本周五郎が亡くなったのは1967年(昭和47年)2月14日だから、2017年は没後50年にあたる。
 その影響だろうか、テレビなどではドラマ化された多くの山本作品の再放送が企画されている。
 ずっと気になっていた作家もあって、それに直木賞作家の石田衣良さんが読むべき短編小説にあげていたのも山本作品であったこともあって、手にすることになった。

 新潮文庫のこの本では表題作である「大炊介始末(おおいのすけしまつ)」(これが石田衣良さんのオススメの短編の一つ)のほか、「ひやめし物語」「山椿」「おたふく」「よじょう」「こんち午の日」「なんか花の薫る」「牛」「ちゃん」「落葉の隣り」の10篇が収められている。
 新潮文庫のラインナップを見ると、山本周五郎が実に多くの作品を残しているかわかるが、この短編集がその中でどのようなところに位置しているかわからないが、私はとても感動した。
 まるで古典落語を聴いているような心地といえばいいのか、目にしているのは間違いなく言葉であるのに耳にすすっと入ってくるような感じは地の文だけでなくせりふの巧さもあるのだろう。

 なかでも私のオススメは「ちゃん」である。
 裏長屋に住む貧しい火鉢職人の重吉一家。腕は確かだが、お酒が入ると乱暴になる重吉と彼を支える女房のお直。さらには14の良吉を頭に、四人の息子娘がいる。末っ子の三つのお芳がかわいい。
 女房も子供たちも貧しいけれど、父をたて、健気に生きている。
 お直のいうこんなせりふ、「人間はみんながみんな成りあがるわけにはいきゃあしない、それぞれ生れついた性分があるし、運不運ということだってある」、が泣かせる一篇だ。

 こういう作品を読んだら、生きていくというのも悪くはないと思えるはずだ
  
(2017/01/18 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3085-0ba65ee3