プレゼント 書評こぼれ話

  今日は久しぶりの
  小宮一慶さんの本の紹介です。
  『情報を「知恵」に変えるトレーニング』。
  2016年2月刊行の一冊です。
  小宮一慶さんの本は
  これまでにも随分読んできました。
  特に私がブログを始めた2008年以降
  小宮一慶さんの本が出版される数も増えたこともあって
  まあ足並みをそろえるように
  読んできた著者のひとりでもあります。
  たくさんのことを
  教えてもらったなぁ。
  なかなか読み返す機会もないですが
  哲学的な基本の考えは
  いつまでも変わらない教えです。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  何故投げ込みチラシが多くなったのか                   

 最近家のポストに投げ入れられるチラシ類が多いように思う。
 あるいはポスティングを募集する広告があったりする。
 わざわざ人を雇ってまでポスティングをしなくても新聞の折り込みにすればいいのにと思って、はたと気がついた。
 これって新聞の購読者が減っている現象ではないか。
 つまり、従来の折り込み広告では行き渡る数に限りがあるから、全戸へのポスティングの方が宣伝効果が高くなる。
 まさに新聞受難の時代だ。

 この本は経営コンサルトタントの小宮一慶氏がおもに経営層あるいはより高みを目指している人向けに書いた、情報をどう生かすといったノウハウ本である。
 小宮氏はそのためには「基本的な情報」「基本的な知識」「思考力」の三つが大事としている。
 「情報」を「知識」で補完し、それに「思考力」を加えることで「知恵」になると説く。
 その「情報」について、小宮氏は「新聞を読む」ことを薦めている。
 かつビジネスパーソンであれば「日本経済新聞」と言い切っている。(ちなみにこの本の出版元は日本経済新聞社ではありません)

 さらにこのあたりは小宮氏は丁寧に解説していて、「情報」を「覚えるために必要なのは「メモを取る」こと」で、「それをときどき見返すことが大切」としている。
 この単元でもわかるとおり、小宮氏の解説は細かいところにまで丁寧だ。
 巻末には「情報分析力を高める12のコツ」までついている。
  
(2017/01/27 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3088-cbf72b25