プレゼント 書評こぼれ話

  稀勢の里関
  遅くなりましたが
  横綱昇進おめでとうございます。
  正直稀勢の里関は
  愛想がなくて苦手でしたが
  横綱昇進を決めた先場所、
  稀勢の里関の頬を一筋
  涙がつつーっと流れるのを見て
  大好きになりました。
  男はああでなくちゃ、です。
  そこで
  相撲の絵本がないかと調べました。
  なんとありました。
  中川ひろたかさん文、
  長谷川義史さん絵の
  『スモウマン』。
  稀勢の里関、
  ぜひスモウマンに負けない
  強い横綱になって下さい。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  日本人は相撲が大好き                   

 稀勢の里が第72代横綱になって、日本中が湧き立っています。
 なんといっても、19年ぶりの日本出身の横綱の誕生ですから、皆さんヒートアップするのもわからないでもない。
 若い人などは横綱に日本人がいたことも知らないかもしれない。
 まさに稀勢の里さまさま、「満員御礼」です。

 こうしてみると、色々な中傷や叱責はあるものの、日本人というのは相撲が好きなんだと思います。
 何しろ国技である。
 だったら、強いヒーローが出てきても不思議はないと作者の中川ひろたかさんは考えたかどうか知らないが、この絵本の主人公は強いヒーロー「スモウマン」なのだ。
 どこかで助けを呼ぶ声あれば、稽古中であってもむかいます。
 土俵まわしをマントにようにして(これっていいのかな)、空だって飛んでしまいます。

 現われた途端に塩をまく、なんてちょっと卑怯っぽくもありますが、つっぱり、うちがけ、最後は上手投げ、と技が多彩なのはさすがです。
 お腹のすいている女の子を相撲部屋まで連れて帰って、ちゃんこまでごちそうするのですから、さすがは日本のヒーロー。
 なんといっても、長谷川義史さんの絵がすばらしい。
 背景に描かれた小道具にも注目です。

 この絵本、2002年に出版されてそのあとも着実に重刷されています。
 やっぱり日本人は小さい時から相撲が好きになるように刷り込みされるのかな。
 でも、さすがに国技館で「スモウマーン」なんていう声援は聞いたことがありません。
  
(2017/02/05 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3103-8aceabc1