プレゼント 書評こぼれ話

  昨日キネマ旬報のベストテンの話を
  書きましたが、
  同じ頃マンガにも夢中になっていて
  「COM」なんかはよく読んでいました。
  ただ残念ながら「ガロ」は読まなかったな。
  だから、
  つげ義春とか白土三平のすごさに
  疎いまま過ごしてきた感があります。
  今日は「ガロ」以前の
  貸本マンガが全盛であった頃のことを描いた
  高野慎三さんの『貸本マンガと戦後の風景』を
  紹介します。
  書評にも書きましたが、
  私は貸本屋さんには行った記憶がありません。
  家の近くになかっただけだったのかもしれません。
  紙芝居は見たことは
  覚えているのですが。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  こういう時代だったことを忘れてはいけない                   

 現代のマンガ文化の隆盛は突然起こったものではない。
 マンガ史をたどれば、手塚治虫漫画に代表される優等生的なマンガ(それであっても酷評された歴史がある)がある一方で、暗いイメージをもったマンガも多く量産されていた時代があった。
 それが「貸本マンガ」である。
 著者は「貸本マンガを戦後史的な文脈のなかで捉え直そうと」、マンガ研究だけではなく歴史の側面にも光を与えようとしたのが、この本である。

 そもそも「貸本マンガ」とは何だったのか。
 その登場は1953年で、消滅したのは1968、9年だという。
 最盛期には全国で2~3万軒の貸本屋があったそうだ。
 貸本料金が「一冊10円、一日増毎5円」。
 私は1955年の生まれだが、残念なことに貸本屋の記憶が全くない。生まれた土地にもよるのだろうが、近所にはなかったのだろう。
 だから、そのシステムはよくわからないが、現代でいえばCDやDVDのレンタルショップ店に近いのだろうか。
 そういえば、コミックのレンタルもある。

 ただ一般に流通している小説やマンガではなく、貸本向けに描かれた作品が多かったようだ。初期の頃は紙芝居作家の作品も多くあったようだ。
 そののち、白土三平や水木しげる、あるいはつげ義春といった、のちのビッグネームが登場してくる。
 この本でもつげやその弟のつげ忠男、小島剛夕といった特異な漫画家の作品も取り上げられている。

 いずれにしても、こういう時代があって、マンガは現代に続いている。
 そのことを忘れてはいけない。
  
(2017/02/08投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3104-6c64f305