俳句の季語というのは
 なかなか難しいもので
 梅という字がついているから
 春の季語かと思っていたら
 冬の季語だという花があります。
 それが蠟梅

  20170201_084221_convert_20170204175941.jpg

 黄色い花が特徴のかわいい花です。

   蠟梅を無口の花と想ひけり      山田 みづえ

 だから、歳時記は欠かせません。

 立春だった4日、
 菜園でおしるこ大会が開催されました。

  CIMG1804_convert_20170204180141.jpg

 このおしるこ、残念ながら私の持っている歳時記に出ていません。
 では、白玉はどうかというと
 これは夏の季語。

     隣人と白玉汁粉冬終わる     夏の雨

 こんなふうに使うのでしょうか。
 今回はたくさん人が手伝いに参加されていたので
 にぎやかに楽しめました。

 菜園そのものはあまりすることがありません。
 これが今の菜園風景。

  CIMG1802_convert_20170204180021.jpg

 防虫ネットだらけですが
 これは鳥害防止のため。

 せっかくなので
 イチゴの姿を紹介します。

  CIMG1803_convert_20170204180101.jpg

 この写真を見てると
 まだまだですね。
 ちなみは
 イチゴは夏の季語。
 春だと苺の花となります。
 うーん、俳句も難しい。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3106-48d47ddb