プレゼント 書評こぼれ話

  今日は先週に続いて
  『ブラタモリ』を紹介します。
  この巻は4で
  松江・出雲・軽井沢・博多/福岡の
  4カ所をぶらっています。
  うれしいことに
  この4カ所とも云ったことがあります。
  ただ福岡は
  まったく仕事でしたから
  ほとんど観光してません。
  よかったのは
  やはり出雲かな。
  あそこは大昔から名所と思っていたのですが
  そうでもなかったようです。
  ブラタモリで知りました。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  街は人びとの発想で成長する                   

 NHKの人気番組が書籍化され、この巻はその第4弾。
 そもそもこの番組を知らない人もいるだろうから簡単に説明すると、タモリとNHKの女子アナウンサー(この巻に収められた放送でいうと桑子真帆アナウンサー)が与えられたお題を解明するべく、その土地をブラリと歩くというもの。
 旅番組に括られるのかもしれないが、単に観光地を歩くとか名産品を食べ歩くとも少し違う。
 この巻では四つの街が紹介されているが、街それぞれお題が違う。

 松江は「国宝松江城の城下町はどうつくられた?」、出雲は「出雲はなぜ日本有数の観光地になった?」、軽井沢は「軽井沢はなぜ日本一の避暑地になった!?」と「軽井沢への道 人はどう「峠」を越えてきた?」。
 そして、福岡と博多は「博多誕生のカギは「高低差」にあり!?」と「福岡発展のカギは「鉄道」にあり!?」である。
 ちなみに福岡と博多であるが、この本を読むまで博多は福岡の古称ぐらいに思っていたが、もちろんこれは大きな間違いで、中洲をはさんで博多は中世以降の商人の街、一方福岡は黒田長政が開いた城下町ということだ。
 ガッテン!

 私たちは現代の街の姿しか知らないので、例えば出雲であればずっと観光地のように思っていたりするが、実際にはそうではなくて今に至るまでの街の人たちの発想と苦労がたくさんあったということだ。
 もちろんそれは出雲だけでなく軽井沢もそうだし、今では大都市である福岡や博多もそうだ。
 そういう視点から街を歩くのも楽しいではないか。
  
(2017/02/25 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3115-683562d6