プレゼント 書評こぼれ話

  今日紹介する
  『「本をつくる」という仕事』を
  本屋さんの平台で見つけた時
  ぐっとひかれて
  これは読まないといけないと
  思いましたね。
  書いたのは稲泉連さん。
  この本のはじめに
  稲泉連さんはこの作品を書くきっかけになった
  『復興の書店』という本のことを
  記していますが
  そういえば
  『復興の書店』っていい作品だったことを
  思い出しました。
  だから、この本も
  いい作品になっています、ということを
  書いておきたかったのです。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  本は「もの」なのだ                   

 雑誌の編集者でもあり装釘家でもあった花森安治は「一冊の本というものは、著者と装釘者と印刷者の共同作品である」と装釘家としての自信の程を滲ませたが、晶文社の作品のほとんどを装幀した平野甲賀氏は「本と読者をつなぐのは、あくまでもその本の中身だと思う。装丁は、ちょっとしたサービス。」と書いたことがある。
 平賀氏の言葉は謙遜したものだろうが、それにしてもここにも職人としての自信がみなぎっているように感じる。

 本というものがどのようにしてつくられているのかを、ノンフィクション作家の稲泉連氏がドキュメントで追いかけたのが、本書である。
 本というものをそれを作り手側から見ると、それが工業製品であることがよくわかる。
紙の本か電子書籍か、出版業界の未来が取り沙汰されるが、この本を読むと、もしかするとそれらはまったく違うものかもしれないと思えてくる。
 本という「もの」を愛する限り、紙の本はなくならないのではないか。

 この本では活字を作る、製本をする、印刷をする、校閲をする、紙をつくる、装幀をする、海外の本を紹介する、そして子供の本を書く、といった「本をつくる」仕事が取り上げられている。
 大手の印刷会社や出版社の人たちや作家もいてひとくくりにするのはおかしいかもしれないが、何故か不思議と皆それぞれが「職人」と呼んでいいような気がする。
 職人気質といわれる、仕事に対する姿勢の気質が、どなたも一途なのだ。

 こういう人たちがつくる本だからこそ、大事にしたいし、しなければいけない。
  
(2017/03/24 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3159-ef920702