歳時記では
 時候・天文・地理・生活・行事・動物・植物といった
 くくりに分かれているが
 さすが「春の部」は植物の季語が多い。
 街を歩いていて
 一面の花にハッとさせられることがある。
 こういう時に
 植物の名前を知っていたらと悔やむ。
 わかるのは
 タンポポぐらい。

  CIMG1873_convert_20170325163139.jpg

    たんぽゝと小声で言ひてみて一人     星野 立子

 畑でも花が見られる。

  CIMG1880_convert_20170325163400.jpg

 これは菜の花っぽく見えますが
 よくみると
 コマツナのトウが立って
 きれいな花を咲かせたようです。

 こちらは
 イチゴ

  CIMG1877_convert_20170325163247.jpg

 可憐な白い花です。
 俳句の世界では
 イチゴ夏の季語
 イチゴの花春の季語に分類されています。

    敷藁のま新しさよ花いちご      星野 立子

 なんだか今日は
 星野立子の俳句ばかりだな。

 こちらは畑ではないのですが
 この花わかりますか。

  CIMG1881_convert_20170325163435.jpg

 これはソラマメの花。

    そら豆の花の黒き目数知れず     中村 草田男

 ベランダ菜園のソラマメです。
 ちなみに
 ソラマメを漢字で書くと
 蚕豆

 そんな野菜の花たちも
 順々に咲いてきた畑で
 3月25日は
 夏野菜のための畝づくりを
 しました。

  CIMG1879_convert_20170325163324.jpg

 春の季語には
 春耕という美しい季語もあります。
 
    春耕のときどき土を戻しをり    井上 弘美

 畑のそばを流れる
 鴻沼川の桜並木も
 ぽつりぽつり。
 4月1日には
 花見もかねての
 カレー大会が
 畑で行われます。
 楽しみだな。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3162-3f90e316