プレゼント 書評こぼれ話

  ずっと気になっていたことがあります。
  正岡子規のこの本、
  『墨汁一滴』のこと。
  子規の三大随筆と呼ばれる三作のうち
  『仰臥漫録』『病床六尺』は
  ずっと以前に読んでいたのですが
  何故かこの『墨汁一滴』だけは
  今まで読む機会を逸していました。
  子規生誕150年の今年、
  ようやく読むことができました。
  生誕何年とか
  没後何年とか
  よく言いますが、
  読めなかった本を手にするには
  そういうこともあって
  いいのかもしれません。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  子規三大随筆はここからはじまる                   

 今年(2017年)生誕150年を迎える正岡子規。
 友人夏目漱石の方が有名なので、同じ年の生まれながら、漱石に比して大きく取り上げられることも少ない。
 けれど、子規が残した功績は漱石よりも大きいかもしれない。
 俳句という世界において。短歌という世界において。そして、何よりも近代の日本語という世界において。

 子規には三大随筆と呼ばれる作品がある。
 最初に書かれたのがこの作品(1901年)で、続けざまに『仰臥漫録』を発表、次の年に『病床六尺』を書いた。
 もっとも、子規の命はそこで尽きる。
 1902年9月19日。34年の短くも濃い人生であった。

 この作品の執筆時にはすでに病魔は深く入り込んで、しばしばその苦痛を綴っている。
 連載始まって間もない1月23日に「病床苦痛の堪へずあがきつうめきつ身も世もあらぬ心地なり」とある。
 4月23日には「盛んにうめき、盛んに叫び、盛んに泣くと少しく痛が減じる」と綴る。
 この日の記述は短いから苦痛は余程であったのだろうが、短いながらも文章のリズムがすこぶるいい。
 子規にはその病ながら妙に明るいところがある。そして、そのあたりが漱石とは違う、人気の源泉だと思う。

 その漱石のことをこの随筆の中で何度か綴っている。
 1月30日には漱石の滑稽趣味を褒め、それは真面目な性格に起因しているとしている。
 あるいは、5月30日には漱石は米の苗を知らなかったと暴露している。

 色々な読み方ができるのも、子規の随筆の特長でもあり、その萌芽はすでにここにある。
  
(2017/04/27 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3177-4a335e38