FC2ブログ
少しだけ欠けた月―季節風 秋少しだけ欠けた月―季節風 秋
(2008/09)
重松 清

商品詳細を見る


sai.wingpen  歳時記をそばに                     矢印 bk1書評ページへ

 世の中には、音楽、絵画、映像、文芸という風に多様な表現手段があるが、その中でも俳句というのは極めて不自由な表現手段といっていい。
 五七五の十七文字の「定型」にしろ「季語」にしろ、制約が多い。
 それでいて俳句の妙味はその不自由さにあるのも事実であるし、わずか十七文字の短詩とはいえ、その広がりは無限でもある。
 特に「季語」については、寺田寅彦の「歳時記は日本人の感覚のインデックス(索引)である」という有名な言葉の通り、私たちの生活における季節感を脈々と受け継いできたという点において、日本人の至宝だといっていい。
 試みに歳時記の秋の部を開いてみても「秋の声」という季語があって、「秋になると雨風の声、物の音などの響きすべてが敏感に、しみじみと感じられる」とある。
 こういう感覚は誰に教わったわけではないが、日本人として肌身に理解しうる情感といえる。

 このように季語だけでわかりあえること、それを「季語の本意、本情」というが、俳句の世界ではこの本意、本情にもたれすぎることを嫌うことが多い。
 「月並み」な俳句とは季語にあわせていわずもがなのことを記したものだが、季語の持つ本意、本情をてこにして、どう描くかが俳句の世界に広がりをもてるかどうかだと思う。
 わずか五文字(もちろんそれ以上のものもあるが)の言葉だけで、人に何かを伝えられるとすれば、これほど素晴らしいことはない。

 重松清の「季節風」シリーズはそういう元来私たちが持っている季節感をうまく織り込んだ連作集である。
 表題作の「少しだけ欠けた月」は離婚しようという父母との最後の夜を過ごす少年の話だが、歳時記には「名月」を過ぎたあと「十六夜」「立待月」「居待月」「臥待月」といったようにきれいな日本語がつづく。ただこの物語では「後の月」という季語を思ってみたい。
 歳時記によれば「この頃はもうどことなく寒く、風物もまたもの寂びてきて」とある。そういう情景に、別れていく家族をはめてみると、作品に深みがでてくる。
 それが重松清の<うまさ>である。

 ここに描かれた12の物語は重松清の得意とする子供たちの忍耐や中年たちの悲哀で満ちている。 握りしめた拳、鼻にくるツンという感触、言葉を噛みしめる唇、思わず伝わる涙。
 重松清という書き手がいかに私たち日本人のもっている感性を巧みに表現しうる作家であるかがわかる。
 そして多分、重松は私たちの感性というのが季語としてあるように季節感と一体のものであるかということを充分に認識しているのに違いない。
 それも重松の<巧さ>だろう。

 これらの作品が季節感とどう連関するかで「月並み」な重松作品で終わるのか、あるいは作品集「季節風」の一篇として物語の深みまで読者を連れていくのかがわかれる。
 いいかえれば、重松清の<巧さ>が影をひそめて作品としての<うまさ>だけを感じられた時に、これらの物語は広がりと深みをもつのだと思う。
 歳時記をそばに読んでみるのもまた楽しい。
  
(2008/09/30 投稿)

プレゼント 書評こぼれ話
  「歳時記」というのはとても素敵な本です。
  よく、「あなたは無人島に一人流されたとしたら、どんな本を持っていきますか」
  みたいな質問がありますが、
  「歳時記」などはいいですね。
  読んでて飽きない。
  でも、これも日本という国に四季があるからかもしれませんね。
  南国の無人島で「初雪や」って詠むのは、
  やはりつらいかな。
  
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/32-0d785cf9