プレゼント 書評こぼれ話

  今日紹介する
  太田俊明さんの『姥捨て山繁盛記』は
  昨日紹介した
  楠木新さんの『定年後』の
  まるで応用編のような作品です。
  どこがと言われれば
  今日の書評を読んで下さいとなるのですが
  太田俊明さんのように
  明確に目標を持っていると
  定年後も
  充実していたのではないかと思います。
  もし65歳までに受賞しなかったら
  どうされていたのか、
  きっと太田俊明さんの中では
  そんなことは考えにも及ばなかったのでしょうね。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  定年後の新人にエールを                   

 第8回日経小説大賞受賞作。
 実は作品よりも作者の太田俊明氏の経歴に興味を持って読んでみようかと思った。
 東京大学在籍当時野球部の遊撃手として東京六大学野球で活躍したとか、卒業後総合商社やテレビ局といったさすが東京大学出身と思わせる華やかな職歴に興味を持ったのではない。
 太田氏は60歳の定年とともに会社を辞めて小説を書き始めたのだ。
 しかも日経小説大賞に的を絞って、1年に1作のペースで65歳までチャレンジすると決めていたという。
 前年の第7回では最終候補に残るも受賞に至らず、この第8回で見事受賞となった。
 太田氏、63歳である。

 受賞式のスピーチで太田氏は「定年後の新人にエール送れれば」と語ったそうだが、この作品の主人公西澤亮輔は大手家電 メーカーに勤める59歳。まもなく60歳の定年を迎えるが雇用延長制度を活用して定年後も働くつもりだった。
 ところが認知症の症状が出て、早期退職を余儀なくされる。
 絶望の末、死に場所を見つけるつもりで甲府の山奥の施設に入居することになる。
 そこにはシニア世代の人たちがまるで眠っているかのようにうずくまっていた。
 けれど亮輔はそこでダム建設に反対する桝山太一と偶然に知り合い、その人柄に魅かれ、太一ととも新しい村づくりにのめり込んでいく。

 死に場所を探していた男が次第に生きていく力を回復していく。
 亮輔のそんな姿を見ていくと「定年後」の過ごし方の一つのヒントになるだろう。
 いや、作者の太田氏の生き方こそ、ひとつの指針である。
  
(2017/06/16 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3239-bd47c01c