プレゼント 書評こぼれ話

  楠木新さんの
  『定年後』という本を読んで
  色々考えさせられることが多いのですが
  今日紹介する
  金子みすゞの『わたしと小鳥とすずと』も
  そういうことでは
  定年後の私たちのことを
  詠った童謡だとも言えます。
  定年後の過ごし方など
  金子みすゞがいうように
  「みんなちがって、みんないい。」のです。
  答えなんかはどこにもない。
  定年後をいかに生きるかということこそ
  その答えになるのだと思います。
  たまには
  金子みすゞなんかを朗読してみる
  定年後の生活であってもいいのではないでしょうか。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  みんなちがって、みんないい。                   

 金子みすゞは明治36年に生まれ、昭和5年、26歳の若さで自死した童謡詩人です。
 その悲劇性と詩の清らかさが相まって、度々ドラマ化されるほど人気がありました。特に2011年3月11日の東日本大震災のあと、何度も繰り返しテレビで流された「こだまでしょうか」は、私の心を祈りの感情で満たしました。

 どうして金子みすゞは自死したのでしょう。
 それにはきっと様々な理由が重なったと思います。一説には不仲(のちに離婚)だった夫との確執がいわれていますが、本当のことは誰にもわからないでしょう。
 誰にもわからないから、金子みすゞはどんどん作られていったのだと思います。
 もし、私たちにできるとすれば、彼女がうたった童謡を私たちがどう感じ、どう思うかということだけなのではないでしょうか。

 「赤信号みんなで渡れば怖くない」、昔流行ったギャグですが、私たち日本人の性格をよく言い表しています。
 集団心理というのでしょうか、みんなと同じであれば安心だし、みんなと違えばどことなく不安。できればみんなと同じようでありたい。
 けれど、明治生まれの金子みすゞはそうではなかった。
 表題詩でもある「わたしと小鳥とすずと」の最後のくだりでこう書きます。
 「みんなちがって、みんないい。」と。
 柔らかな童謡で、生きる上でとっても大事なことがさらっとうたわれていることに今さらながら驚きます。
 金子みすゞのこの一言が、彼女の生涯も、彼女が伝えたかったメッセージも、すべて含んでいるように思えます。
  
(2017/06/17 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3240-00dfc1e9