プレゼント 書評こぼれ話

  今日は、夏至

    地下鉄にかすかな峠ありて夏至     正木 ゆう子

  昼間が一年中で一番長い日。
  ということは
  この日を境に日は短くなっていきます。
  夏が来て、
  そのどこかにもう冬の気配がある。
  宇宙の不思議です。
  今日は
  そんな不思議パワー全開の
  佐野洋子さんの『役にたたない日々』という
  エッセイ集を
  紹介します。
  役にたちますよ、きっと。

  じゃあ、読もう。



sai.wingpen  役にたつ本                   

 NHKEテレの、わずか5分の絵本風の番組「ヨーコさんの”言葉”」の第34話「二〇〇八年冬」に思わずジーンとして、ならば原作を読んでみようと手にとった。
 「ヨーコさんの”言葉”」は絵本作家佐野洋子さんのたくさんのエッセイから、これはという作品が選択され、北村裕花さんが絵本風の絵を描き、上村典子さんの読み聞かせが入る。
 この「二〇〇八年冬」は、乳ガンになった自身を痛快に描いたエッセイだ。痛快だけど、しみじみとしてしまうのは上村さんの読み聞かせの巧さだろうか。

 佐野洋子さんは2010年11月に亡くなった。
 72歳の生涯を短かったというのは簡単だけど、佐野さん自身はどう思っていただろう。
 亡くなる2年前のこのエッセイでは、病気が判明したあとの気持ちをこう綴っている。
 「人生が急に充実して来た。毎日がとても楽しくて仕方ない。死ぬとわかるのは、自由の獲得と同じだと思う。」
 佐野さんの作品が人気の高いのは、この突き抜けたような剛毅さだろう。
 佐野さんはさまざまなところで、男性と女性の違いを書いているが、こういう強さも女性ならではかもしれない。

 この短いエッセイにはどうしても書き留めておきたい、名言がある。
 「私は死ぬのは平気だけど、親しい好きな友達には絶対死んで欲しくない。死の意味は自分の死ではなく他人の死なのだ」
 この「二〇〇八年冬」だけではない。
 この本のページを開くと、書き留めておきたい名言があちらにもこちらにも。
 佐野洋子さんのファンが減らないはずだ。
  
(2017/06/21 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3245-0593271f