プレゼント 書評こぼれ話

  私が吉村昭の作品を最初に読んだのは
  もう随分前だ。
  多分高校生の頃だと思う。
  つまり50年近くになる。
  『星への旅』が最初だった。
  吉村昭はそのあと
  どんどん名作話題作を書いていって
  何作かは私も読んだが
  ずっと気になっていた作品がある。
  それが
  今日紹介する『戦艦武蔵』。
  吉村昭の記録文学の多くは
  この作品をもって始まったといえる
  記念すべき作品である。
  やっと読めた。
  今はそんな感慨だ。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  読書の醍醐味を味わう                   

 言わずと知れた作家吉村昭(1927~2006)の代表作である。
 そして、この作品が吉村昭を文学史に残る作家にまで高めたといえる。
 作品自体もそうだが、この作品の誕生に至る経緯とそれにつながる吉村の心情そのものがまるで名作そのものだ。

 この作品が文芸誌「新潮」に一挙連載されたのは1966年9月。同じ年の2月、『星への旅』で第2回太宰賞を受賞した39歳の新鋭の作家にとって、この作品そのものがまるで自身の目指してきた道と乖離するものに映ったかもしれない。
 実際そんな吉村を「堕落した」と評した編集者もいたという。

 吉村はあるインタビューの中で、この作品を書けるかどうか「猛烈な脅え」があったと語っている。吉村が言うには、「小説っていうのは人間が主人公」だが、これはそうではない。
 船が主人公で、吉村は書くうちに人間が主人公でなくても、その世界に没頭していったらしい。

 この記録小説の主人公は「戦艦武蔵」という当時世界でも建造されたことのない巨艦である。
 その誕生から死までを描いたのがこの作品で、読むうちに「武蔵」が命あるものに感じられてくるから不思議である。
 文庫本にしておよそ300ページの作品だが、その誕生まで(完成品として海軍に引き渡されるまで)は約三分の二、残りで沈没までは描かれる。
 海軍に引き渡される場面が印象に残った。軍と民間人がともに手を携えて武蔵を完成させながらも、引き渡した途端、まるで世界が異なってしまうそのことに、当時の社会の構造の怖さが浮き彫りになるようであった。

 とにかくこの小説は読ませる。
 読書の醍醐味を味わう一冊といっていい。
  
(2017/06/29 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3252-dbbe8926