FC2ブログ
 先日第157回芥川賞直木賞が発表された。
 正直、一体この賞はどうなってるのと
 言いたくなる受賞作でした。
 芥川賞は受賞作がデビュー作だという
 沼田真佑(しんすけ)さんの『影裏』。
 全くの新人が受賞するということは
 今までにもなかった訳ではありませんが
 選考会ではかなり荒れたとか聞くと
 来月発売の「文藝春秋」の芥川賞選評
 楽しみになってきます。

 どうなってるのと
 言いたくなるのは
 直木賞の方。
 今回の受賞は佐藤正午さんの『月の満ち欠け』。

  

 ノミネートの時から
 どうして佐藤正午さんが
 直木賞のノミネートされてるのって感じでした。
 だって、佐藤正午さんは
 デビューして34年めの
 古豪ですよ。
 それがどうして、今
 直木賞なんですか。
 今直木賞の選考委員の方々よりも
 作家として長い経歴をもって
 しかも決して寡作ではない。

 ちなみに佐藤正午さんのデビューは
 すばる文学賞を受賞した『永遠の1/2』。
 1983年のこと。
 この作品は時任三郎さん主演で
 映画化もされています。
 なんだか懐かしい。
 それから34年。
 で、直木賞なんて
 やっぱりちょっとおかしい。

 直木賞って
 なんでもかんでも
 いい作品にはあげちゃうのって
 いいたくなる。
 第17回直木賞受賞が決定した山本周五郎
 こんな言葉をのこして
 辞退したそうだ。

    この賞の目的はなにも知りませんけれども、
    もつと新しい人、新しい作品に当てられるのがよいのではないか、
    さういふ気持がします。


 今回佐藤正午さんは
 「作家の人生はいろいろなコースがある 。
 僕はこの年になって、直木賞にばったり出会ったという感じ
」と
 受賞後話したそうですが
 まさにばったりですよね。

 でも、岩波書店の本で
 一般の町の本屋さんは
 直木賞受賞作といっても
 店頭に並べることもできないんじゃないのかな。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3281-57019641