FC2ブログ
 いよいよNHK朝のテレビ小説ひょっこ」も
 あと2週間になってしまいました。
 マラソンでいえば
 40キロを過ぎたあたり、
 あ、これ増田明美さんがナレーションで云っていましたね。
 「文藝春秋」10月号(文藝春秋・880円)に
 「ひょっこ」で赤坂の洋食屋すずふり亭の女主人鈴子さんを演じている
 宮本信子さんの
 「「ひょっこ」の時代と伊丹十三さん」という記事が掲載されています。
 このドラマは昭和四十年代の東京を舞台にしていて
 主人公の有村架純さん演じる谷田部みね子が生きていく姿が描かれているのですが
 ちょうどこのみね子と宮本信子さんの実際の年齢は
 近いようです。
 つまり昭和二十年あたりで生まれた人で
 みね子も今だったら
 宮本信子さんみたいな感じになっているのですね。

  

 しまった、
 今日は「ひょっこ」のことじゃなかった。
 「文藝春秋」10月号の、
 「安倍総理「驕りの証明」」でもなく、
 コラー、ハゲー!の「豊田真由子議員独占告白」でもなく、
 この号の大特集「定年後の常識が変わった」の話でした。
 多分この大特集が組まれるきっかけになったと思われる
 『定年後』を書いた楠木新さんの
 「「良い定年後」と「悪い定年後」」が最初の記事です。
 その中で楠木新さんは
 定年後も元気な人はおよそ2割未満、元気でない人は少なくとも5割以上
 と、見ています。
 楠木新さんは
 最終的には「いい顔」で過ごすことを薦めていますが、
 そもそも人と比べても始まらないのではないでしょうか。
 元気であろうが
 元気がなかろうが
 そんな自分をそのまま受け入れることが大切なような気がします。

 この大特集では
 岩崎日出俊さんの「老後資金一億円をどう作るか」という記事も
 目をひきます。
 老後資金一億円は巷間よく言われますが
 もちろん、「定年の時点で一億円の蓄えが必要ということではありません」。
 年金とかの収入がありますから
 実際には3000万円ぐらいの蓄えが必要だと思います。
 どうして、はっきり言わないのかなと
 不思議ですが、
 例えば自営業の人などはそういう計算ではないですから
 どうしてもそういう言い方になるのかな。

 ほかにも
 内館牧子さんと重松清さんの対談
 「「終わった人」と「定年ゴジラ」に学べ」とか
 「シルバー人材センターがすごい」とか
 「大学に通って学び直す楽しみ」とか
 興味深い記事が目白押し。
 定年後、
 じっくり時間もあることだし
 「文藝春秋」を隅から隅まで完読するっていうのも
 いい時間の過ごし方かもしれません。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3335-004aad1a