FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  明日は敬老の日
  図書館でおじいちゃんおばあちゃんが登場する絵本をさがしていて
  見つけたのが
  この絵本。
  カール・ノラック文、
  イングリッド・ゴドン絵の
  『わたしのおじいちゃんはチャンピオン』。
  表紙のおじいちゃんの表情の
  素敵なことといったら。
  この表情で
  読んでみたいと思いました。
  今回の書評で
  孫が欲しいと書きましたが
  私の娘たちには
  ないしょです。
  でも、待てよ。
  敬老の日のおじいちゃんおばあちゃんって
  年齢でのことでしたね。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  孫こそチャンピオン                   

 私のおじいちゃんにあたる人は私の生まれる前に亡くなった。
 母方のおじいちゃんは記憶にあるが、縁が深かったとはいえない。
 だから、この絵本のようにおじいちゃんの背中におぶさったことも遊んでもらった記憶もあまりない。
 もっともこの絵本では女の子が主人公だからおじいちゃんであって、男の子の場合はおばあちゃんなのかもしれない。

 私の孫にあたる人はまだいない。
 孫ができるためには彼氏とか結婚とかいったステップが必要だが、その気配もない。
 自分の同年代の人たちがおじいちゃんになったとかおばあちゃんになったと聞くたびにうらやましいと思う。
 同時に、私なら孫を溺愛するのではないかと怖れもある。
 いや、その前のステップはやってくるのだろうか。

 この絵本のように「おじいちゃんはわたしのチャンピオン」と言われたいものだ。
 「おじいちゃんはえがおのチャンピオン」と称賛されたいものだ。
 そして、ひざの上において「ないしょばなし」をしたいものだ。
 と書いてきて、ふと気づいた。
 この絵本は子ども向けではないのではないか。
 私のようなおじいちゃん予備軍、あるいはおじいちゃんおばあちゃん正規軍向きの絵本ではないだろうか。
 この絵本を読みながら、離れて暮らしているお孫さんたちに思いを寄せる、おじいちゃんおばあちゃん向けの絵本ではないか。

 つまり、孫って、おじいちゃんおばあちゃんの小さなチャンピオンなのにちがいない。
  
(2017/09/17 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3337-3c1fc437