fc2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  以前にも書いたかもしれないが
  どうも私はこの手の
  つまり読書ガイドのような
  本が好きである。
  今日紹介する
  安野光雅さんの『本が好き』も
  書店で見かけて
  思わずぐぐっと身が乗り出しそうになって
  いやいや我慢しようと
  踏ん張っていたのですが
  やっぱりどうにもこうにも
  ならなくて
  こうしてまた手にしてしまいました。
  読書ガイドではなく
  本当の作品をもっと読まないといけないのにと
  反省しきりの一冊でした。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  安野光雅さんが面白かった本たち                   

 この本の著者安野光雅さんといえば、美術家、装幀家、あるいは絵本作家と幅広い活躍をされていて、独特の水彩画は見れば安野さんの作品とわかる人も多いだろう。
 そんな安野さんが書いた読書ガイドがこの本で、その「あとがき」に安野さんはこんなことを書いている。
 「なぜ私が本が好きで、人に本を薦めるかというと、自分の面白かった世界をみんなに知ってもらいたいだけなのだ」と。

 では、安野さんが「面白かった世界」はどんな本だったかというと、『ファーブル昆虫記』『犬が星見た』(武田百合子)『方法序説』(デカルト)『モンテ・クリスト伯』(デュマ)『さざなみ軍記』(井伏鱒二)など、実に幅広い。
 ここに書いたのはほんのわずかで、この本で挙げられている本の数は30冊以上に及ぶ。
 しかも、この本の不思議な点はそれぞれが同じ分量で語られていないところだ。
 きっとお気に入りの本はどんどん書きたいことが出てくるのだと思う。
 そのあたりが先ほど引用した「あとがき」の言葉とつながっていく。

 これはいうまでもないことだが、安野さんはだからこれらの本を読みなさいとは強要していない。
 自分はこう読んだよ、ここが面白かったよ、あるいはこう考えたよと書いているに過ぎない。もちろん本をたくさん読んだ方がいいとは思っているだろうが、それを無理強いする程、安野さんも野暮ではない。
 むしろ、いい読書人ほど読書の強要ほどひどいことはないと思っているにちがいない。
  
(2017/10/05 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3350-4870d545