fc2ブログ
 さいたま市には
 重要な文化資源が4つあります。
 盆栽、漫画、人形、鉄道です。
 人形というのは人形の町岩槻があるからですし
 鉄道は鉄道博物館があるくらいですし、
 盆栽は世界に誇るくらいです。
 そして、漫画は日本の漫画の父とも呼ばれる
 北沢楽天が生前暮した街で
 今もその旧住居はさいたま市立漫画会館として
 親しまれています。

 今、そこで
 「ギャグ漫画の殿堂 赤塚不二夫展」が開催されていて
 9月30日に
 記念のトークショーがあったので
 行ってきました。

  CIMG2215_convert_20170930174302.jpg

 今回のトークショーは
 「週刊少年サンデー」で赤塚不二夫さんの担当編集者だった
 武居俊樹さんで
 当時のことを聞き出す聞き手は
 赤塚不二夫さんの娘・赤塚りえ子さん。

 トークショーの前に
 今回展示されている作品を見ておこうと
 結構前に漫画会館に到着。
 お出迎えしてくれるのは
 黄金のイヤミ像

  20170930_122745_convert_20170930174358.jpg

 まさにシェー! ザンス。
 私は昭和30年生まれですが
 その頃生まれた子供って
 きっとみんなシェー! してたんザンス。
 それぐらいすごかった。

 展示品は
 「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」「天才バカボン」といった
 赤塚漫画の傑作の原画がずらり。
 しかも、赤塚漫画の全集まで置いてあったので
 しばし「天才バカボン」なんか読んでいました。
 赤塚不二夫さんのたくさんいるキャラクターで
 私は「レレレのおじさん」なんか
 好きですね。

 トークショーは「赤塚不二夫のつくりかた」と題されて
 行われました。
 武居俊樹さんといえば
 「少年サンデー」で連載された「レッツラゴン」に登場するぐらい
 赤塚不二夫さんから信頼されていた編集者で
 娘の赤塚りえ子さんが大絶賛の漫画です。
 もともと「少年マガジン」で人気を博していた「天才バカボン」を
 「少年サンデー」にひっぱり
 「モーレツア太郎」とW連載という快挙をなしとげ
 その後「天才バカボン」は再び「少年マガジン」へ移るというような
 漫画史に残る逸話もあります。
 そんな武居俊樹さんは
 赤塚不二夫さんのことを
 なんでも徹底してやった天才と
 称賛されていました。

 タモリとの交友の話もあったりして
 あっという間の100分でした。
 この展覧会、
 11月12日まで開催されています。
 ちなみに入館料は
 無料ザンス。
 シェー!!

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3351-d6e38455