fc2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  株価が好調です。
  時あたかも衆議院選挙の真っただ中、
  ここにきてまるでアベノミクスの成果にように
  20年ぶりの高値水準ですから
  与党の鼻息は荒くもなります。
  でもですよ、
  問題はそういう好景気が
  日本全国津々浦々にいきわたっていないこと。
  景気がいいという実感あります?
  そんなことを思うのも
  この本を読んだからかも。
  今日は
  山田真哉さんの『平成のビジネス書』という
  本を紹介します。
  平成といっても
  今から10年くらい前の平成期。
  その頃
  どんなビジネス書が読まれていたでしょう。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  ビジネス書は何故衰退したのか                   

 自分が定年を迎える年齢になるとそれまで読んできた本のジャンルの中で「ビジネス本」の割合が減っていると思っていたが、実は「ビジネス本」そのものがあまり売れなくなっているという。
 出版業界は今や構造的な不況産業といわれて久しいが、それでも2000年代は「ビジネス本」が盛んに読まれていた黄金期であった。
 そんな時代の「ビジネス本」を自身『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』というベストセラーを書いた山田真哉氏が黄金期だった頃に書いた書評と、何故今衰退したのかという考察をまとめたのが、この本である。

 書評には『金持ち父さん貧乏父さん』『年収300万円時代を生き抜く経済学』といった懐かしい書名が並んで、山田氏の文章もそれなりに時代を感じさせる。これはこれで「黄金期」の「ビジネス本」の雰囲気を感じ取れればいい。
 ただ「黄金期」にはもっと「自己啓発本」もあったように思うが、あまり触れられていないのは、当時発表された媒体の性格によるのだろうか。

 さて、もう一方の「考察編」である。
 山田氏は「ビジネス本」が「黄金期」を2000年代に迎えた理由を、「出版不況を何とか克服しようとあがいた出版社側の努力と、「失われた20年」から脱出するヒントを本に求めようとした人々の需給がマッチ」したことで生まれたものとしている。
 では、それが何故崩壊したのか、山田氏は諸説ある中で「人口減少」と「ネットに負けた」説をとっている。
 特に「人口減少」の問題は「ビジネス本」衰退の問題にとどまらないと思われる。
 今後おそらく多くの産業にこれは影響するだろう。
 案外「ビジネス本」衰退要因を分析することはそのさきがけかもしれない。
  
(2017/10/17 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3364-945a7659