fc2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今テレビ朝日
  お昼の帯ドラマで「トットちゃん!」が
  放映されている。
  いうまでもなく
  黒柳徹子さんの物語だ。
  脚本は大石静さん。
  トットちゃんのお父さんを山本耕史さん
  お母さんを松下奈緒さん、
  小林宗作先生を竹中直人さんといった
  豪華配役で
  始まっている。
  せっかくなので
  黒柳徹子さんの大ベストセラー
  『窓ぎわのトットちゃん』を
  読んでみた。
  これだけのベストセラーだから
  読んだはずだが
  今回読んでみて
  ちっとも思い出さないところからすると
  初めて読む?
  まさか、と思うけど。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  誰もがトットちゃん                   

 言うまでもなく戦後最大のベストセラーである。
 どれくらい売れたかというと、1981年に単行本として刊行されて以降文庫本になったり児童向け書になったり英語版になったりとシリーズ総計で800万部を超えているというからすごい。
 それにこれが一時的なものでなく今でも読まれ続けているというから、また驚く。

 書いたのはタレントの黒柳徹子さん。
 小さい頃自身「徹子」と言えずに「トット」と呼んだのが愛称の所以で、「窓ぎわ」というのは刊行当時流行っていた「窓際族」からとったという。
 つまりトットちゃんと呼ばれた女の子は小学1年にして授業の妨げになると退学を命じられた、まさに「窓際族」だった。
 そんな彼女をやさしく受け入れてくれたのが、小林宗作先生が創った「トモエ学園」だ。

 この世紀の大ベストセラーはその「トモエ学園」でのエピソードを綴ったもので、トモエ学園のちょっと常識とはちがう教育の仕方なども紹介されている。
 トットちゃんが規格外であったように、「トモエ学園」もまた規格外であったのだ。
 のちにトットちゃんの退学に至るふるまいは「学習障害」とみられるようになったが、病気として名前がついたというだけで、それを受け入れるということは並大抵ではない。
 小林先生が為したことは、トットちゃんのような子どもときちんと向き合ったということだ。
 それはいつの時代でもそうだろう。

 この作品は一時的な流行本ではない。
 いつまでも変わらない、一冊だろう。
  
(2017/10/21 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3373-587da97a