FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  お正月に「錦玉子」を頂いて
  生まれて初めて食べました。
  「錦玉子」というのは
  紀文のHPによると

   黄身と白身の2色が美しい錦玉子は、
   その2色が金と銀にたとえられ、正月料理として喜ばれます。
   2色を錦と語呂合わせしているとも言われます。

  となっています。
  おめでたい食べ物なんですね。
  でも、とっても甘くって
  私なら目玉焼きの方がいいかな。
  というわけで
  今日は東海林さだおさんの『目玉焼きの丸かじり』。
  文春文庫の新刊です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  文庫解説の書評 - この手があったか                   

 東海林さだおさんの「丸かじり」シリーズ第37弾が文庫本になった。
 文庫本の楽しみはなんといっても和田誠さんによる表紙装幀。今回も目玉焼きがうんといい。
 そして、文庫本にしかつかない解説。これが文庫本の毎回の楽しみ。
 だから、週刊誌で読むのもいいし単行本で笑うのもいいけど、文庫本には解説が付いてますよと、声を大にして言いたい。
 文春文庫の担当の方は、もっと声を大にして言わないといけない。

 今回の解説を書いたのは、姜尚美(かんさんび)さん。
 うむ。?。
 姜尚中ならわかるけど。
 何をおっしゃる、姜尚美さんは知っている人は知っている食の通。
 ご本人も解説の中で書いているが、姜さんが書いた『あんこの本』が文春の文庫担当の目にとまったのかもしれない。
 さらには、調べると『京都の中華』という本まで出している。
 お、お、食通というより食文化の先生。
 いやいや、何より食べることが大好きなライター(解説文の肩書には「ライター」とあります)なようです。

 『あんこの本』を書いただけあって、東海林さんの膨大な「丸かじり」シリーズから「あんこ」ネタを探してみる探究心も旺盛。
 つまり、壮大なアン(コ)ソロジーをつくってしまうのです。
 ところで、アンソロジーって日本語で書くと「詞華集」となるが、いってみれば一つのテーマで選んだ選集のこと。
 そこで姜さんは「丸かじりの〇〇だけ食い」を提案している。
 自分だけの「丸かじり」ができちゃうなんて。
 やってみたいものだ。
  
(2018/01/10 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3454-0f1490fb