FC2ブログ
 漫画の売り上げの大幅減少など
 相変わらず出版界を取り巻く環境は厳しい。
 そんな中、
 『漫画 君たちはどう生きるか』が
 130万超のミリオンセラーとなっている。
 この漫画の原作は
 吉野源三郎さんで
 最初に出版されたのが1937年ですから
 80年以上前、
 戦前のことです。
 吉野源三郎さんは岩波書店との関係が深く、
 岩波新書を創刊したり
 岩波少年文庫の創設にも関わっています。
 石井桃子さんとも
 その当時から知り合いです。

 そんな昔の作品を漫画にしてみようという発想が
 今回のミリオンセラーにつながったと思いますが、
 出版社であるマガジンハウス
 社内で若い編集者と話していて
 この作品のメッセージ性が決して古びていないことに気が付いたと
 いいます。
 漫画にすることで
 若い人たちにより届くようにした。
 そのことで、
 漫画だけでなく
 吉野源三郎さんの原作も読まれるようになった。
 岩波文庫版も累計135万部を超えたそうです。

 ここまでが前ふり。
 NHKの「100分 de 名著」は人気番組ですが
 放送はされないのですが
 テキストとして販売されるものがあります。
 その中の一冊がこれ。
 「別冊 100分 de 名著」の「読書の学校」。
 これは、その中の
 「池上彰特別授業 君たちはどう生きるか」。
 話題の一冊を
 池上彰さんが高校生と読み解いていく
 構成になっています。

  

 私は吉野源三郎さんの原作を読んでいないのですが
 このテキストを読むと
 だいたいどのようなことが書かれているのかが
 わかります。
 特にいじめとか格差とか
 当然80年前とはちがうのでしょうが
 現代とつうじることが書いてありそうです。
 今を読み解くヒントがある、
 それが古典の素晴らしさだと思います。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3473-ec43a759