FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  明日、4月23日は
  子ども読書の日
  そこから5月12日までの
  約3週間、
  子どもの読書週間です。

  2018kodomo4cimage[1]_convert_20180420200624

  今年の標語は

    はじまるよ!! 本のカーニバル!!!

  ポスターを見てわかるように
  荒井良二さんがイラストを
  担当しています。
  この機会に
  多くの子供たちが
  本に接してくれたら
  どんなにいいでしょう。
  今日は
  飯野和好さんの
  『おせんとおこま』という絵本を
  紹介します。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  自然とともに生きるということ                   

 飯野和好さんといえば、代表作である『ねぎぼうずのあさたろう』のような独特な画法で人気の高い絵本作家ですが、その出発点はセツ・モードセミナーと聞いて驚きました。
 しかも、デビューが1969年の雑誌「anan」なのですから、さらに驚きです。
 今の絵風から「anan」とはどうも結びつかない。
 けれど、飯野さんの絵に対するこだわりが今に続く飯野さんの世界観になったのだと思います。

 この絵本はタイトルにあるように、山の峠の茶屋の娘おせんと「山渡り」の娘おこまの物語です。
 表紙絵でいえば、左がおせん、右がおこま。
 おせんは明るく元気な女の子ですが、まだここのつ。
 だから、茶屋の仕事を手伝っていますが、世間のことはたくさんは知りません。
 ある朝茶屋にやってきた一人の少女がかごやざると味噌や塩と交換するのもどうしてだろうと思います。
 少女の名はおこま。おせんのおじいちゃんはおこまが「山渡り」の子供だと教えてくれますが、おせんには「山渡り」がわかりません。
 「山渡り」というのは。山から山へと移りながら、猟や竹細工をしたりで生計を立てている人たちで、飯野さんは彼らの「野生動物のようなたくましさと、かれらの生きる力」に驚いたと、この絵本のあとがきのようなコメントに記しています。

 飯野さんはおこまに単にたくましさだけでなく自然と共存する、生きるものたちへのやさしさも描いていて、それがおせんにも理解されていく姿が、この絵本で描かれています。
 子どもたちにもそれが伝わることを願っています。
  
(2018/04/22 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3550-e9817362