NHKの朝ドラにはまりだして
 何年になるだろうか。
 第98作めとなる今回の朝ドラ「半分、青い。
 私的には
 直球ど真ん中のストライクドラマだ。
 脚本はあの北川悦吏子さん。
 どうしてこうも
 心の中をくすぐってくれるのでしょう。

 主人公は昭和46年7月7日生まれの
 楡野鈴愛(にれのすずめ)。
 ムンプス難聴で
 左の耳が聞こえないという設定。
 鈴愛と同じ日に生まれたのが
 萩尾律くん。
 この二人、同じ日に生まれただけあって
 互いに気になる存在ですが
 今はまだそんな展開にはなっていません。
 この二人がどうなるのか
 恋愛ドラマの神様、北川悦吏子さんが
 どう描くのか楽しみ。

 私の心のど真ん中に投げ込まれたのは
 そこではなくて
 「マグマ大使」のこと。
 鈴愛が困った時に律に笛を吹くという設定は
 「マグマ大使」からとられているのですが
 「マグマ大使」って
 知っていますよね?
 漫画の神様・手塚治虫
 1965年(昭和40年)から「少年画報」に連載した漫画で
 翌年の7月にはTVで実写版で放映されました。
 たしかフジテレビだったと思います。
 その映像は「半分、青い。」の中でも
 流れましたが
 ちなみにどんな漫画かというと
 こんな感じ。

  CIMG2480_convert_20180425162809.jpg

 手塚治虫先生の絵を模写しました。
 つまり、私が描きました。
 なんという「マグマ大使」愛!
 この漫画は
 『手塚治虫クロニクル 1946~1967』にも
 収められています。

  

 この漫画に登場するマグマ大使の敵が
 ゴア
 「私の名は、ゴア」って感じで
 出てきます。
 朝ドラの中では
 律君のお母さん役の原田知世さんが
 そのモノマネをしていましたが
 実は
 私もゴアのモノマネやってました。
 しかも、会社員になってからも
 「私の名は、ゴア」なんてやっていたぐらい。
 つまりですよ、
 世の中に
 「私の名は、ゴア」というモノマネをした
 少年少女がたくさんいたということなんでしょうね。

 もうそれだけで
 大満足の朝ドラ「半分、青い。」は
 これからもしっかり追跡していきます。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3561-acedba1b