昨日届いた
 西城秀樹さんの訃報に
 驚き、そして涙した人は多かったのではないでしょうか。
 何しろ63歳での逝去は
 あまりにも早い。
 私と同い年じゃないか。
 人気CMのフレーズをもじって
 「ヒデキ、カンレキ(還暦)!」と
 笑わせてくれたのは
 少し前のことだ。

 多くの人に
 西城秀樹さんの思い出が
 あるのではないだろうか。
 私が東京の大学に進んで
 生活を始めた学生寮の同期に
 西城秀樹さんの「傷だらけのローラ」を
 いつも唄う奴がいた。
 多分女性だけでなく
 男性にも
 彼の唄う歌は愛された。
 それほどに彼は歌がうまかった。

 俳優としては
 向田邦子さん脚本の『寺内貫太郎一家』での
 小林亜星さん扮する親父さんとの
 大げんかなど印象に残っている。

  

 梶原一騎さん原作の映画「愛と誠」(1974年)では
 主人公の大賀誠を演じた。

  

 まさにこの頃
 歌でもドラマ映画でも
 絶頂期にあったのだろう。

 しかし、
 西城秀樹さんは2003年と2011年に脳梗塞を発症するが
 麻痺が残った体で
 それでも懸命に
 歌い生きようとする姿に
 勇気をもらった人は
 多かったのではないだろうか。

 西城秀樹さんを応援し、
 歌に合わせて
 「ヒデキ!!」と叫んでいた女性たちは
 今どんなに悲嘆にくれているだろうか。
 それでも
 私たちの青春期に
 あんなに素晴らしい歌を届けてくれた
 西城秀樹さんに
 出合えてよかったのだと思う。

 ご冥福をお祈りします。

 ありがとう、
 西城秀樹さん。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3584-0da80b1a