FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今回の東海林さだおさんの『伊勢エビの丸かじり』の書評で書きましたが、
  書評にしろ作文にしろ、
  タイトルというのはすごく大切。
  書名もそうですよね。
  まず、タイトルでどれだけ人を魅きつけるか。
  だから、けっしておろそかにしてはいけません。
  私は書評を書く際に、
  割とタイトルがまず頭に浮かぶということがあります。
  お、これいけるじゃない、
  みたいな感じです。
  書評を書き終わって、
  タイトルが決まらずに四苦八苦することもあります。
  それでタイトルを決めてから、
  文章を書き直すこともあります。
  ですから、かなりタイトルには気を遣う方だと思います。
  今回の場合でいえば、先にタイトルが浮かびました。
  そのあとで、文章を書いていきました。
  ね、「丸かじり」シリーズの書評も、
  これで一生懸命書いているんですよ。

伊勢エビの丸かじり (文春文庫)伊勢エビの丸かじり (文春文庫)
(1998/05)
東海林 さだお

商品詳細を見る

sai.wingpen  「タイトル」の妙               矢印 bk1書評ページへ

 何冊も東海林さだおさんの食べ物エッセイの「丸かじり」シリーズを読んできて、そろそろ書くネタを尽きてきたかと思いきや、大事なことを忘れていました。
 ハンカチ、定期券、ちり紙、財布、全部確認したのに、弁当箱を忘れていました、ぐらい大事なこと。 それを今回書こうと思う。
 それは愛。
 ちがった、それは「タイトル」。

 「丸かじり」シリーズは三十数編のエッセイから成り立っているわけですが、それぞれに「タイトル」がついているわけです。
 この面白さ、工夫、鋭さを今まで論じなかった、私がバケツでした。
 ちがった、ウカツでした。
 どれくらい面白いかというと、「シロ」と呼ばれる真っ白な犬がいて、その尾まで白いくらいに面白い(尾も白い)のですが、この「伊勢エビの丸かじり」から見てみましょうね。
 「ザ・イナリ」(うむ。この冠詞なジじゃないか)
 「牛丼の出世」(なに。牛丼は出世するのか)
 「麺の連休」(やや。それは三連休か、四連休か)
 「裸のうどん」(いやーん)
 みたいな、名作秀作が続くのです。
 極めつけは、「幕間の幕の内の内幕」。
 早口ことばみたいにして遊んでいたら、三回めで舌を噛み、四回めで入れ歯がはずれ、五回目でもういいや、ということに気がついて、黙読しました。
 でも、黙読すると、乱視になってしまいました。

 このように、東海林さだおさんは「タイトル」をつけるのが、実にうまい。
 まず、これでお客(読者ともいいますが)をひきつける。
 もしかして、かわいい子いるかも、みたいに思わせるテクニックは、歌舞伎町の金髪お兄様より数段うわて。
 しかも、入店(読み始めともいいますが)して、階段踏み外したり、出てきた女の子の実年齢が五倍というようなことはない。
 正真正銘、かわいい子ぞろい。
 これが、ちっともつまらない「タイトル」だったら、お客(読者ともいいますが)は入店(読み始めともいいますが)してくれない。
 お子様の作文だって、同じこと。
 「遠足に行きました」ではどうも。
 「運動会の話」なんてとんでもない。
 「遠足の出世」「裸の運動会」みたいな「タイトル」ぐらいつけないと先生は読んでくれない。
 では、この書評のタイトル、「タイトルの妙」はどうか。
 ちっとも面白くないから、「名は鯛をあらわす」ぐらいにしておけばよかった、と反省しています。
  
(2009/10/18 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/359-e1a969f3