FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  このブログでも
  毎週月曜は「わたしの菜園日記」を
  書いていますが
  今日は直木賞作家の荻原浩さんの
  『極小農園日記』というエッセイ集を
  紹介します。
  その中に名言があって
 
    考えすぎたり、よけいなことをしたりするのが、
    素人菜園の楽しさ


  よおーくわかります。
  まさに、同士よと
  肩抱きたくなりました。
  荻原浩さんはイラストも巧くて
  表紙のそれが
  荻原浩さんの手によるもの。
  ぜひ、続編をお願いします。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  農園の話なら極小どころか大きく大きく                   

 会社を定年して、さてこれからとっても長い時間をじっくり楽しもうと思っていた矢先、近くで菜園の貸出の募集が始まった。
 それ以前から野菜作りに興味があって、いいな、うらやましいなと見ていたので、少し高かったが借りることに決めた。
 借りるといっても、わずか10㎡。3.3坪の「極小農園」だ。
 それから4年。小さいながらも楽しく菜園生活をおくっている。
 だから、そういう方面の本とか雑誌にもアンテナが立ってしまって、直木賞作家の荻原浩さんのこの本にも敏感に反応してしまった。
 まるで黄色い花に吸い寄せられる虫のように。

 荻原さんの「極小農園」の広さは4㎡というから、私の畑より小さい。
 それでいて色んな品種の野菜に挑戦しているのだから、さすが「素人菜園」。
 その菜園でどんな農作業をしているかを綴ったのが「極小農園日記」というエッセイだが、初出は毎日新聞に2008年10月から翌年3月に連載されたもの。
 この時期の「農園日記」なんて本当は考えられません。
 菜園は、なんといっても夏が本番。
 空へ空へと延びる夏野菜ほど楽しめるというもので、秋から冬にかけての菜園くらい寂しいものはありません。
 そんな悪条件であっても、より楽しくよりおかしく書くのがプロ。
 さすが荻原浩さん。
 でも、さすがにそれではいけないと思ったのでしょう、今回初エッセイ集となるこの本を刊行するにあたって、夏編を書き下ろしで追加しています。

 荻原さんのエッセイ集が今までなかったというのが不思議なくらいですが、同じ「極小農園」仲間とすれば、それだけで一冊にして欲しかったと思います。(旅のエッセイも面白かったですが)
  
(2018/06/12 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3609-78712aee