FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日紹介する、小宮一慶さんの
  『「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】』みたいな本の書評は、
  やはり書きにくいですね。
  書評でもふれましたが、
  会社で少しはそのようなことをしたことがありますが、
  もちろん経営コンサルティングでもありませんし、
  奥の世界がよくわかりませんから、
  どうしても専門的なことは書けません。
  ただ、小宮一慶さんもけっしてプロ向けに書いているのでも
  ないでしょうし、
  書評もそういう想定で書いたつもりです。
  会社を数字で「読む」ことは面白いですし、
  最低この本に書かれていることは
  理解、あるいはなんとなくでもいいでしょうが、
  わかっている方がいいと思います。
  書評とは読んで実際にその本を読んでみたくなるものですが、
  今回の書評で、
  そういう気持ちになれたら、いいのですが。

「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】
(2009/09/04)
小宮 一慶

商品詳細を見る

sai.wingpen  まずは一里塚                 矢印 bk1書評ページへ

 昔、仕事の関係で財務諸表の分析をかじったことがあります。そのときに気づいたのは、自社(私の場合は子会社でしたが)の財務諸表を使って、「強み」「弱み」をみるわけですが、単年度の数値だけではダメで少なくとも数年間の動きをみないといけないということでした。
 それと、同業他社の数値を比較しないと、判断を間違ってしまうということです。
 経営コンサルティングの小宮一慶氏のこの本のなかにも、多くの日本有数の大企業の財務諸表が紹介されていますが、世界のトヨタの数値と比べても仕方がありません。
 まして、業種によっては、固定資産をたくさん保有する業種もありますし、そうでないものもあります。財務諸表を読むときは、同業種比較は絶対です。
 それと、自社の規模と近い会社の方がよりわかりやすいでしょう。
 従業員10人、売上高何千万円の会社が、大手上場企業の財務諸表と比較してもあまり有効ではありません。これはあくまでも自分たちの将来目指す姿として、参考程度にするのがいいでしょう。

 では、小宮一慶さんのこの本がまったく効果がないかというと、そんなことはありません。
 まず、会社を数字で読む癖は必要です。
 営業の人は誰にでも販売をしてもいいということではありません。「売掛金」は確かにそれだけで基本的には「売上」計上されますが、もし回収できないと、つまり現金化されないと、損金になってしまいます。少なくとも、販売する相手先の「安全性」ぐらいは読み解きたいものです。
 それと、業務改善を行う際に、どのように優先順位をつけるかという判断基準として活用できます。  「当座比率」がどうこうというのはなかなか個人ではできないでしょうが、「原価率」を改善すべきなのか「経費率」に手をいれるべきなのか、は判断できるのではないでしょうか。

 小宮一慶氏はある講演会で「経営とは、(過去の分析ではなく)未来に向かってはたらきかけるもの」と話されていました。財務分析はそのために活用しないといけません。
 この本は財務分析の一里塚。
 安住することなく、興味があればより深い本を求めるといいのではないでしょうか。
  
(2009/10/14 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/364-33918081