FC2ブログ
 近所のマッサージ店には
 月に2、3回は行く。
 先日行った際にふぃと見ると
 埼玉県近代美術館
 9月15日から始まった展覧会のチラシが置いてあって
 しかもそのチラシには
 招待券がついていて
 先生にお願いして
 ありがたく頂戴しました。
 以前も書きましたが
 埼玉県近代美術館北浦和公園内にあって
 このマッサージ店からも
 近い。

  20180928_115735_convert_20180929093939.jpg

 今回開催されている展覧会は
 「阿部展也」展なのですが
 実は私は阿部展也(のぶや)という芸術家を
 全く知りませんでした。

  20180928_130713_convert_20180929094017.jpg

 阿部展也は1913年新潟に生まれ、
 1971年に亡くなっています。
 瀧口修造との共作による詩文集「妖精の距離」で注目を
 集めたとあります。
 その後戦争で従軍し、
 戦後の活動はどんどん前衛化していったようです。
 今回の展覧会では
 その変遷がよくわかります。

 でもほとんど、というか
 全く知らない芸術家の作品を鑑賞するのは
 白紙に自身の手で点をうったり線を描いたりする作業だと
 よくわかります。
 自身の美的鑑賞眼が問われているような感じです。

 展覧会の話はここまで。
 埼玉県近代美術館のことを少し書きます。

  20180928_115709_convert_20180929093857.jpg

 この美術館は
 椅子の美術館としても有名で
 館内のいたることころに
 さまざまなデザインの椅子が置かれています。
 有名なのが
 「マリリン」というタイトルの椅子。

  20180928_115123_convert_20180929093546.jpg

 もちろん座ることもできます。
 ほかにもこのような椅子があちらこちらに。

  20180928_115218_convert_20180929093642.jpg

  20180928_115345_convert_20180929093729.jpg

  20180928_115424_convert_20180929093814.jpg

 展覧会だけでなく
 こういう椅子を見て歩くのも
 いいですよ。
 なんといっても
 芸術の秋ですもの。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3727-1ed8653d