FC2ブログ
 今日は昨日のつづき。
 今川崎市民ミュージアムで開催中の企画展のうちの一つ、
 「連載50周年記念特別展 ゴルゴ13 用件を聞こうか・・・・・」を
 紹介しましょう。

  20181110_113515_convert_20181111174440.jpg

 「ゴルゴ13」はついて
 展覧会場でもらったパンフレットから。
 ゴルゴ13は、本名、国籍、生年月日などすべて不詳の超A級スパイナー。
 漫画誌「ビッグコミック」での連載開始は
 1968年11月で、
 総発行部数は2億冊を越え、
 コミック界での連載最長記録を更新し続けている、
 いわずと知れた
 現代を代表する漫画です。

 会場に入ると
 まずは「ゴルゴ13」と並ぶ
 作者さいとう・たかをさんの写真が迎えてくれます。

  20181110_113909_convert_20181111174930.jpg

 さいとう・たかをさんといえば
 劇画を一大ブームに押し上げた第一人者で
 漫画の制作システムを映画並みに変えた漫画家と
 いえます。
 特にこの「ゴルゴ13」では
 映画のエンドロールに出て来るような
 スタッフの名前が並ぶ方法が
 とても印象的に出来上がった作品といえます。

 会場では作品の第一話となる「ビッグ・セイフ作戦」の原画の展示に始まり
 名場面の数々が展示されています。

  20181110_120035_convert_20181111175910.jpg

 さらにはなんと
 ゴルゴが使用する銃のモデルガンが並び、
 実物と同じ重量で出来た
 ライフルを持つことができます。
 持てばふらふらとよろこそうになりました。
 私はゴルゴにはなれません。

 次のコーナーでは
 「ゴルゴ13」に登場した女性たち。
 ごらんのように美女が勢ぞろい。

  20181110_115134_convert_20181111175214.jpg

 やるな、ゴルゴも。

 さらに会場を進めば
 さいとう・たかをさんの書斎の様子も
 再現されていたり、

  20181110_115958_convert_20181111175515.jpg

 ところどころに
 等身大のゴルゴが迎えてくれたり。

  20181110_120321_convert_20181111180125.jpg


 会場には熱心な「ゴルゴ13」ファンが大勢。
 やはり男性が多かった。
 同性に愛されるところが
 「ゴルゴ13」人気を支えているような気がします。

  20181110_120741_convert_20181111180330.jpg

 でも、
 ゴルゴって50年経って
 色々な危機もありながら
 決して年をとらないんですよね。
 「サザエさん」と同じものを感じます。

 この展覧会は
 11月30日まで。
 入場料1200円に見合う内容です。
 これに文句いうと、
 ゴルゴに狙われますよ。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3768-e16779d3