FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  NHKの朝ドラ
  オリジナル物語もいいが
  やはり定番は歴史上活躍した実際の女性をモデルにした
  物語だろう。
  現在放映している「まんぷく」は
  日清食品の創業者安藤百福さんの妻仁子さん。
  仁子と書いて「まさこ」と読む。
  安藤百福さんは自伝とか伝記もあって
  どんな人物か
  割と知られているが
  仁子さんはほとんど知られていなかったのではないか。
  だから、朝ドラが始まって
  本屋さんには
  仁子さん関係の本がたくさん並ぶことになりました。
  そのうちの一冊が
  今日紹介する
  『チキンラーメンの女房 実録安藤仁子』。
  これはいいですよ。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  おいしい一冊                   

 第99作目となるNHK朝の連続テレビ小説(通称朝ドラ)「まんぷく」を欠かさず見ている。
 俳優たちの演技もいいし、話の展開も小気味いい。
 脚本は大河ドラマ「龍馬伝」などを書いた福田靖さんで、主人公福子(安藤サクラさんが好演)の母鈴(松坂慶子が抜群に面白い)の決めゼリフ「私は武士の娘です」はさすがに巧い脚本家だと感心していた。
 ところが、この口癖がモデルとなった安藤仁子(まさこと読む)の母の本当の口癖だというからびっくりだ。
 さらに浜野謙太演じるおかしな歯科医が白馬に載って登場する場面があったが、あれも実際にあったという。
 そんなことが、朝ドラ「まんぷく」のモデルとなった安藤仁子さんを実録風に描いたこの本に書かれている。
 何しろ「安藤百福発明記念館」が編纂していて、取材協力として仁子さんの息子や娘の名も並んでいるから信ぴょう性は高い。
 つまり、朝ドラを何倍にも楽しく見るには、欠かせない一冊だ。

 実際の仁子さんはどんな女性だったのだろう。
 表紙に使われている写真や口絵写真を見るとわかるが、とても福福しい顔をしている。周りの人から「観音さまの仁子さん」と呼ばれていたのも頷ける。
 ただ仁子さんが表に出ることは少なかったのではないかと思う。それは夫である安藤百福さんの個性があまりにも強かったからだ。
 強い個性どうしがぶつかれば、いいことはない。
 仁子さんが「観音さま」のような女性だったから、この夫婦はうまくいったにちがいない。
  
(2018/12/14 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3798-a5f61b3b