FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  埼玉から東京に行く。
  これは旅行か、それとも散歩か。
  最近は鉄道事情もよくなって
  30分もあれば東京に出ることができる。
  もっとも東京も広いから
  立川とか八王子ともなれば
  やはり遠い感じはいなめない。
  それでも、埼玉も大きくいえば
  東京圏内といっても(東京の人は嫌がるだろうが)
  構わないのじゃないか。
  今日は増山かおりさんの
  『死ぬまでに一度は訪ねたい東京の文学館』を
  紹介します。
  とっても写真がきれいで
  案内も丁寧。
  この本を持って
  東京へ散歩?
  それとも旅行?

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  あそこも行きたい、こちらも見たい                   

 東京に人が集まるのは、鶏が先か卵が先かの議論に似ていなくもないが、都市としての機能が充実しているからなのか、人が集まるから都市としての魅力が増すのか。
 わかりやすい例でいえば、世界の名画といわれる美術品を鑑賞する機会は海外にある所蔵館に行く必要があるが、東京にいると海外に行かなくても鑑賞できることが多々ある。
 もちろん地方にいても、東京に出れば観ることができるが、やはり東京に住む人の優位性は断然高い。
 地方再生とよく言われるが、産業がない、交通便が不自由、そして芸術を鑑賞できるところさえ手薄ともなれば、掛け声に終わってしまうことになる。

 美術館だけではない。
 東京には文学館もたくさんある。しかも「死ぬまでに一度は訪ねたい」というのだから、これは出掛けねばならない。
 もちろん、地方にだって文学館はある。それもたくさんある。作家ゆかりの土地でその作家の足跡をたどる。地方ならではの楽しみだ。
 しかし、東京にはたくさんある。
 漱石山房記念館、森鴎外記念館、(樋口)一葉記念館、太宰治文学サロン、と続々とある。
 なかには無料の吉村昭記念文学館、池波正太郎記念文庫などもある。
 もっと広く、日本近代文学館、世田谷文学館、変わり種でいうと俳句文学館なんていうのもある。
 文学に近いところで、長谷川町子美術館とか赤塚不二夫会館なんていうのもある。

 文学館をまわっているだけで飽きることはない。
 こんな東京に地方は追いつけるのか。
 文学館が多ければいいという訳ではないが、やはり東京がうらやましい。
  
(2018/12/28 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3812-b76b3c0d