FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は二十四節気のひとつ
  大寒
  一年でもっとも寒い時期にあたります。

    大寒と敵のごとく対ひたり      富安 風生

  この季節にぴったりの絵本として
  選んだのが
  新美南吉の『手ぶくろを買いに』。
  絵は黒井健さん。
  すると、たまたま昨日の土曜の
  朝日新聞別刷「be」に
  新美南吉のことが書かれていました。
  「悲しみの先に希望を描いた」とあって
  新美南吉が亡くなる8ヶ月前の日記に
  書き記したこんな文章が
  紹介されていました。

    よのつねの喜びかなしみのかなたに、
    ひとしれぬ美しいもののあるを知っているかなしみ。
    そのかなしみを生涯うたいつづけた

  もっと新美南吉の作品が
  読みたくなりました。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  寒い季節に読みたくなる絵本                   

 寒い季節になると、読みたくなる童話があります。
 それが、新美南吉の「手ぶくろを買いに」。
 すっかりお話を覚えているわけではありませんが、雪で冷たくなった子ぎつねの手を心配してお母さん狐は夜に人間の町にでかけていくお話です。
 おぼろげながら、それでもまた読みたくなる童話。文字だけの童話として読んでもいいし、このように絵本として読むのもまたいい。
 しかも、有名な作品だけにたくさんの絵本作家がその絵を描いています。
 偕成社のこの絵本は、たくさんの絵本作家の中でも、その柔らかなタッチで人気の高い黒井健さんが絵を描いた一冊です。

 黒井さんの絵のきつねの親子の姿の、なんとも暖かい感じはどうでしょう。
 こんな姿を見ていると、このきつねたちが悪いきつねではないことがよくわかります。
 それに、子ぎつねが手ぶくろを買いもとめる帽子屋さんのご主人もけっして母きつねが心配するような悪い人間には見えません。
 この場面、お店の中を見通せる視線になっていて、商品として並んだ帽子もとっても暖かそうに描かれています。
 あるいは、子ぎつねが一軒の家から聞こえる子守歌に耳を傾ける場面。
 ここでは外に立ちどまる子ぎつねしか描かれていませんが、その家の窓のあかりがなんとも暖かいのです。
 カーテンのかかった窓にはうっすらと、これは人間のお母さんでしょうか、その影も描かれています。

 もちろん、新美南吉の童話は「ほんとうに人間はいいものかしら」という母ぎつねのつぶやきで終わる、ある深さをもった作品です。
 それらも含めて、黒井さんの絵は暖かく包んでくれます。
  
(2019/01/20 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3837-8d65fdfa