FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  私は昭和30年生まれですが
  今まで生きてきて
  今まで見てきたテニスの観戦時間を
  多分昨日の夜の数時間で
  一気に越えてしまいました。

  大坂なおみ選手、
  全豪オープンテニス優勝おめでとうございます!

  きっと私のようなテニス初長時間観戦者は多いと思いますが
  テニスの面白さが
  これでぐっと広がるでしょうね。
  一方、
  今日は
  大相撲初場所の千秋楽。
  場所前は3横綱が久しぶりにそろって
  楽しみでしたが
  稀勢の里が横綱引退、
  鶴竜が休場、
  白鵬も終盤まで頑張っていましたが
  とうとう昨日から休場となってしまい
  横綱のいない千秋楽となったのは
  とても残念です。
  「初場所」は
  新年の部の季語でもあります。

     初場所や花と咲かせて清め塩      鷹羽 狩行

  せっかくなので
  絵本で横綱対決の千秋楽でも
  楽しみましょうか。
  かがくいひろしさんの
  『はっきよい畑場所』です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  畑場所も千秋楽                   

 相撲は大きな力士の迫力ある取り組みも面白いが、小さい力士の技の見せ合いも楽しい。
 だが、自分で相撲をとることはないが、自分のこしらえた力士を土俵にのせることはできる。
 紙相撲だ。
 子供の頃に自分で大小さまざまな紙力士をこしらえ、それに四股名(しこな)をつけ、対戦して遊んだことがある。
 実況中継のアナウンサーも解説の親方も全部自分だけ。
 行司までして、それでも力士の対戦が「とんとん」指で弾ける振動しだいというのもいい。

 この絵本では野菜たちが力士になっている。
 少ししこなで紹介すると、じゃが岳(じゃがいも)、はくさい丸(はくさい)、ぴーま岩(ピーマン)、かぼ春日(かぼちゃ)、といったぐあい。
 そして、畑場所も千秋楽。
 ここで描かれるのは、たまね錦(たまねぎ)とにんじ若(にんじん)、きゅう竜(きゅうり)となすび里(なす)そして結びの一番、横綱同士の対戦となる、すい海(すいか)とだいこの嵐(だいこん)の三番。
 なかなか見応えのある取り組みだ。

 なかでも、横綱同士の対戦が面白い。
 すいかの横綱はでーんと大型力士。一方、だいこんの横綱は色白の二枚目力士。
 さあ、見合って見合って。
 勝負の行方は、お楽しみ。

 この絵本では野菜を力士に見立てているが、子供たちならなんだって力士にできるだろう。
 自動車、果物、動物、お菓子、本だって力士になりそう。
 さしづめ、横綱は百科事典か。
  
(2019/01/27 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3844-5a4bf909