FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は雛祭 
  さすがに春の代表的な節句ですから
  「歳時記」の例句も
  たくさん載っています。
  有名なのは

     草の戸も住み替はる代ぞ雛の家     松尾 芭蕉

  私がいいなと思ったのは

     雛飾る四五冊の本方寄せて     山本 洋子

  こういう伝統ある行事は
  いつまでも残ってほしいですね。
  今日紹介するのは
  詩の絵本。
  『わかれのことば』という阪田寛夫さんの詩が
  絵本になっています。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  詩をもっと読もう                   

 総合誌「文藝春秋」3月号に「美智子さまは小さな本がお好き」という皇后陛下美智子さまの読書遍歴を檀ふみさん、池内紀さん、それに安野光雅さん三人の鼎談記事が載っていました。
 その中で皇后美智子さまが詩をお好きなことをあげ、池内さんがこんな風に話されていたのが印象に残りました。
 「散文から詩に行く人は、本当に本好き、活字好きで読みの深い人です」。
 それを受けて檀さんが、美智子さまが高校生の頃に詩を暗唱されていた逸話を語っていました。

 この絵本は「詩の絵本 教科書に出てくる詩人たち」というシリーズの一冊です。
 学校の国語の授業などつまらないと思う人もたくさんいるでしょうが、なかなかどうして教科書で必ず載っている詩などは、もしかしたら人生の中でたった一度しかめぐりあわないかもしれない作品です。
 教科書がなかったら、詩と出合うことの喜びや感動を得られないかもしれません。
 だったら、やっぱり国語の授業も大切ではないでしょうか。

 そして、いいなと感じたら、詩集を手にとることをお薦めします。
 でも、まだ少し抵抗があるようなら、この絵本はどうですか。
 この絵本の詩人は阪田寛夫さん。
 有名な詩でいえば「サッちゃん」。童謡になっています。
 そして、この「わかれのことば」は少しばかり日本語で遊んでいます。
 例えば、「サイなら さいなら」なんて。
 でも、声に出して読むと、日本語のリズムの面白さに気がつくのではないでしょうか。
 もちろん絵本ですから、田中六大さんの絵も楽しめます。
  
(2019/03/03 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3878-2781ec21