FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日紹介する
  三浦しをんさんの『本屋さんで待ちあわせ』は
  最近文庫本になって
  本屋さんに並んでいます。
  それを見つけて
  こりゃ読まないとと思って読んだのですが
  最初に刊行された2012年の秋に
  もう読んでいました。
  本の途中でなんとなく既視感があって
  ブログを調べたら
  ちゃんと書評まで書いていました。
  記憶喪失?
  というわけで、
  今回は再読書評になります。
  以前のものと比べてみるのも
  面白いですよ。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  三浦しをんさんの本への愛がいっぱい詰まってます                   

 なんとも素敵な書名だが、この本は小説ではなく、著者の三浦しをんさん曰く、「一応「書評集」ということだ。
 この「一応」が曲者で、三浦さんの弁によれば「ちゃんとした評論」ではなく、その本への愛の咆哮のようなものだという。
 なので、自身が「ピンとこなかった」本は紹介されていなくて、三浦さんの愛が詰まった本ばかりということになる。

 作家の書評集を読むのは、その作家がどんな本を選択し、どんな言葉や表現をもってその本を紹介しているのかを知ろうということだろう。
 なので、三浦さんの愛読者にとっては、三浦さんが愛する本を手にして同じ世界に浸りたいと思うにちがいない。
 では、三浦さんの作品を知らない人はこの本とどう接すればよいか。
 この本は「書評集」だが、本全般への愛、あるいは読書愛にあふれた一冊にもなっている。
 この本の最後に収められた「求めるものに応えてくれる」と題されたエッセイの最後には、「本は、人間の記憶であり、記憶であり、ここではないどこかに通じる道である」とか「本は。求めるものの呼びかけに必ず応えてくれるだろう」とかあって、こんな文章を書けるのは、読書愛が半端ない証拠だろう。

 あるいは。「棚を眺めていて本と「目が合う」瞬間の喜びは格別だ」なんていう文章を読むと、この人の本に対する愛が本物だということがよくわかる。
 なので、本への愛、読書愛を求めている人は、読んで損はない。
 だいたい、「本屋さんで待ちあわせ」すること自体、本への愛に充ちている。
  
(2019/03/15 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3891-ed1fafac