FC2ブログ
 今日は彼岸の入り
 彼岸の俳句といえば
 やはり、これ。

    毎年よ彼岸の入に寒いのは      正岡 子規

 病床六尺の不自由な生活ながら
 母親のなにげない一言を
 文芸の域にまで高めた技は
 さすが正岡子規
 そして、今週末には東京でも桜の開花宣言があるかも。
 桜より一足早く満開の花を咲かせているのが
 白木蓮

  20190315_084359_convert_20190316163808.jpg

    声あげむばかりに揺れて白木蓮     西嶋 あさ子

 この白木蓮のほかにも
 よく見ると
 春を感じる草花がたくさん咲き始めました。
 これは、土筆(つくし)

  20190315_084549_convert_20190316163903.jpg

    一握りとはこれほどのつくしんぼ      清崎 敏郎

 畑でもナズナの花を見つけました。

  20190315_115630_convert_20190316164258.jpg

 ぺんぺん草とも呼ばれるのは
 果実が三味線のばちに似ているからと
 「歳時記」にも書かれています。

    晩年の夫婦なづなの花白し     篠崎 圭介

 こうしてみると
 草も季節を伝える大切な手紙のように思えます。

 畑は春どりのダイコン
 先週に続いて収穫したり
 ナバナを少しばかり摘んだりしましたが
 本格的な夏野菜の栽培までは
 もう少し先。

 スナップエンドウもよく見れば
 花がつきかけてきましたが
 ごらんの通り。

  20190315_112240_convert_20190316164022.jpg

 まだまだ時間がかかるかな。

 こちらはニラ

  20190315_112642_convert_20190316164129.jpg

 春の草のように大きくなってきました。
 それもそのはず
 ニラ春の季語

    むさし野に住みつく韮の苗育て     沢木 欣一

 こんなところにも
 春をみつけた気分です。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3894-1181d4da