FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  人生たくさん生きていますが
  まだ行ったことのない
  あるいは見たことのないこととか
  いっぱいあります。
  相撲、見たいな。
  歌舞伎、見たいな。
  ねぶた祭り、見たいな。
  そんなひとつに
  寄席があります。
  CDやテレビで落語を聴いたり見ることがありますが
  寄席で生(なま)の落語を
  体験したことがありません。
  これって人生の片手落ちじゃないかな。
  今日は佐藤友美さんの
  『ふらりと寄席に行ってみよう』を
  紹介します。
  そして、今度は
  本当の寄席体験記を書きたいものです。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  寄席に行きたい!                   

 恥ずかしながら、寄席に行ったことがありません。
 東京には常設の寄席が5つあって、そのうちの上野にある鈴本演芸場や浅草の演芸ホールは建物の前まで行ったことがありますが、入場には至りませんでした。
 その理由は、入場のシステムがよくわからなかったからです。
 そもそも寄席は途中から入場していいのか、その逆に途中で退場していいのか。
 映画であれば、上映している一つの作品を鑑賞する目的で入場しますが、寄席って何人もの演者が入れ替わり立ち替わり演じるので、よほど好きな噺家さんでもあれば別ですが、そういういくつもの芸を鑑賞することになるので、映画とかコンサートとかの鑑賞とは少し違います。
 独演会というのがありますが、あれは特定の噺家さんの芸を鑑賞するので、わかりやすいように感じます。

 私のような寄席未経験者の人向けに、この本はとても丁寧に説明してくれています。
 都内の常設の寄席の特長なんかも書いてあって、自分に合った寄席を探すこともできます。
 さすが日本で唯一の寄席演芸専門誌である「東京かわら版」の編集長が書かれた本だけのことはあります。
 この本では当代の人気落語家さんの紹介や寄席でよくかかる「古典落語」も簡単な紹介までついています。

 ところで寄席というのは落語だけ演じられたいるかというとそうではありません。
 漫才やコント、あるいは紙切りといった「色物」もはいっています。
 つまり、この空間ではたっぷり時間を楽しめるということではないでしょうか。
 寄席に行きたい!
  
(2019/03/20 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3896-57c354e9