FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  京セラ創業者の稲盛和夫氏の評伝
  『思い邪(よこしま)なし』を
  紹介しますが、
  この本を書いた北康利さんの
  「あとがき」もいい。
  中に、こうあります。

     過労死するような労働環境は論外だが、
    ほどほどに、適当に、肩の力を抜いて立派な仕事ができるほど、
    この世の中は甘くない。
    必死になって働くことを否定してしまっては、
    人的資源を唯一の資源とするこの国が衰退に向かうのはもちろん、
    人々は生きていくことの意味さえ見失ってしまう。


  パワハラといわれることを恐れ、
  教育することもできなくなっているという上司が増える
  そんな時代を
  北康利さんは
  はっきりとおかしいと書いたこの「あとがき」は
  爽快でさえありました。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  稲盛和夫氏の評伝決定版がついに登場                   

 経営者と呼ばれる人は世の中に星の数ほどいる。
 それでも、名経営者ともなると両手の指ほどになるだろう。
 その内でも、今でも「経営の神様」と称賛される松下幸之助氏は別格である。そして、その次となれば、この人の名前をあげる人も多くいるにちがいない。
 京セラ創業者の稲盛和夫氏。
 稲盛氏もまた松下幸之助氏を見て育った経営者だが、一方で「自分なりの独創を加え、松下幸之助を超えようと頑張って初めて、松下幸之助の境地にたどり着けるのではあるまいか」とも思ったという。
 松下氏と稲盛氏に共通しているのは、多くの著作を残している点だろう。
 まさに二人の「経営の神様」は、言葉の錬金術師でもあった。

 この大部の本は、多くの経済人の評伝を書いている北康利氏が稲盛氏本人とのインタビューなども含め多くの関係者や関連本に接触して描いた、稲盛和夫氏の評伝である。
 もちろん、稲盛氏の業績については自身の著作だけでなくさまざまな媒体で紹介されているので、既視感もないではないが、こうしてその人生の大半を振り返ってみると、圧巻であり、決定版評伝といってもいいのではないだろうか。

 稲盛氏の有名な逸話として、電信事業に参戦しようとした際に「動機善なりや、私心なかりしか」と呪文のように反芻し、決断した話がある。
 この本のタイトルはここからかと思っていたが、そうではなく、稲盛氏の故郷でもある鹿児島、旧薩摩藩の名君だった島津斉彬が座右の銘としていた言葉「思無邪」からきている。
 新しい時代を見すえていた斉彬公は西郷隆盛だけでなく、時を経て、稲盛和夫という名経営者もまた生み出したといえる。
  
(2019/06/14 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3981-99dbda53