FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  東海林さだおさんの
  『定年からの男メシの作法』という本を
  紹介します。
  それで気がついたのですが
  東海林さだおさんは1937年生まれで
  もう80歳を越えているんですね。
  「丸かじり」シリーズが始まったのが
  1987年といいますから
  50歳の頃。
  定年後の生活を考えたのかな。
  もちろん、そんなことはありません。
  それでも
  「丸かじり」シリーズがあれば
  どんなアンソロジーでもできそうです。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  定年のない東海林さだおさんですが                   

 漫画家に定年はない。
 実際東海林さだおさんは80歳をすでに越えているが、まだ現役で働いている。
 人生100年時代、漫画家も100年時代で、東海林さんはその先鞭となるやもしれない。
 定年のない東海林さんの「定年から」という冠がついた食べ物エッセイがこの本。
 どういうことかというと、東海林さんには人気食べ物エッセイ「丸かじり」シリーズがあって、あるいはその他の食べ物エッセイの中から、東海林さんが60歳以降に書いた作品から寄りすぐったものだという。

 最近では定年を70歳まで伸ばそうという動きまであるのに、60歳以降を「定年から」といっていいのか。
 定年のない漫画家でありながら、60歳以降を「定年から」といっていいのか。
 きっと東海林さんなら、そんな文句もいいそうだが、自分の本だから、そんなつっこみはしないだろうな。
 まあ読者であるわれわれは、東海林さんのエッセイで満腹になれれば、いつから定年であっても構わないし、年金だけで生活が厳しくなれば、東海林さんの食べ物エッセイで飢えをしのぐサバイバルな方法もあるかもしれない。

 人生100年時代で、60歳といえば、まだあと40年もあることになる。
 東海林さんがこの本の「はじめに」で、「これまでの人生は前座。ここから先の人生こそが本番。これから真打になるのだ」と書いているではないか。
 それに、60歳以降に書いた作品とはいえ、これらのなんと若々しいことか。
 笑いの力が半端ない。
 60歳なんてまだまだひょっこ、かも。
  
(2019/06/27 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/3997-2d30e313