FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  花房観音さんの官能短編集『ゆびさきたどり』を
  紹介します。
  官能小説といっても
  これらの元になっているのは
  近代文学の名作たち。
  ただ今年の「新潮文庫の100冊」を見ても
  夏目漱石坂口安吾はありますが
  林芙美子武者小路実篤中島敦
  ありません。
  武者小路実篤の『友情』などは
  かつては夏の読書の定番のような作品でしたのに。
  だったら、花房観音さんのバージョンでと、
  さすがにそれは中学生では無理かな。
  中学生の人は
  ぜひ原作をさがしてみて下さい。

  じゃ、読もう。

  

sai.wingpen  花房観音さんも新潮文庫の常連にあるつつあります                   

 花房観音さんは女性官能作家という肩書になるのだろうが、女性読者にも支持される人気作家というべきかもしれない。
 そんな花房さんは新潮文庫でオリジナル短編集をすでに2冊刊行していて、本書が3作めとなる。
 先の2作、『花びらめくり』『くちびる遊び』でもそうだが、今回も有名な近代文学を題材にした短編が6つ収められている。
「桜の里」は坂口安吾の「桜の森の満開の下」、「ボッちゃん」は夏目漱石の「坊っちゃん」、「枯れ菊」は林芙美子の「晩菊」、「オンナの友情」は武者小路実篤の「友情」、そして「残月記」は中島敦の「山月記」というふうに。
 オリジナルをみれば、まるで「新潮文庫の100冊」から抜け出したような名作ぞろいだ。

 それを花房流の官能味付けとなるのだから、作品によっては文豪たちもあ然となりそうだ。
 例えば、「ボッちゃん」。元の作品があまりに有名だから、花房さんの作品の「ボッちゃん」という青年講師のあだ名がストリップ劇場で常に勃起させていたところからついたもの、しかもそのあだ名をつけたのがマドンナを模したヒロイン、というのだから、官能を通り越して喜劇になってしまう。
 官能小説だからといって、笑いがあっておかしいということはない。

 私が気にいったのは「枯れ菊」。
 55歳になる主人公の絹子にはかつてお金持ちのパトロンがいたが、その相手はすでになく、今は残してもらった資産で優雅に暮している。そんな彼女の前に昔関係を持ったことのある男はしぶい40歳の男となって現れる。
 二人はふたたび肉体関係をもとうとするが。
 元となった林芙美子の作品は知らないが、それを知らなくても、読ませる力がこれにはあるように感じた。
  
(2019/07/17 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4020-a21e9e09