FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  昨日は敬老の日でしたが
  そもそも敬老の日って
  何歳からの人を敬うのかな。
  調べると、
  決まっているわけではなくて
  「長寿を祝う日」となっているそうです。
  まあ、高齢者と呼ばれる65歳からとするのが
  いいのかな。
  そうなれば、
  いや俺はまだ若い、という人が出てきそうだけど。
  でも、人間いずれみんな年をとっていくのですから
  敬老もいいし
  敬若だっていいのかも。
  今日は
  岡野雄一さんの『続・ペコロスの母に会いに行く』を
  紹介します。
 
  じゃあ、読もう。

  


sai.wingpen  まだまだ「ペコロスの母」は続きそう                   

 この作品の前作にあたる『ペコロスの母に会いに行く』は介護漫画として話題となって、ベストセラーになったのが2012年。
 その翌年には森崎東監督で映画化され、その年のキネマ旬報ベストワンに選ばれた。この映画で初主演となった赤木春恵さんは2018年秋に亡くなっている。
 前作以後、『ペコロスの母の贈り物』とか『ペコロスの母の玉手箱』といったふうに、ペコロスシリーズともいえる漫画本が刊行されたので、まさか『ペコロスの母に会いに行く』の続編が出るとは思わなかった。先にあげた作品だって、続といえば続のように思えるし、この作品でもってあえて「続」ということもないような気もするが。
 ところで、「ペコロス」というのは「小さなたまねぎ」のことで、この漫画から知った人も多かったのではないだろうか。

 人はその人のことを覚えている限り亡くなったことにはならない、とよく言われる。
 この作品の主人公である「ペコロスの母」みつえさんは前作ではグループホームでのほほえましいエピソードなどで私たちを笑わせ、みつえさんを介護する「ペコロス」雄一さんの姿に涙した人も多いだろう。
 そのみつえさんは2014年91歳で亡くなっている。
 この作品は今はいないみつえさんやその連れ合いの、なつかしいエピソードを描いたものだが、作者の岡野雄一さんの中では母はまだ生きているのだろう。だから、まるで昨日の日常が描かれているような錯覚に陥る。
 そんな息子を持って「ペコロスの母」はあちらの世界で照れているのだろうか。それともあきれているだろうか。
  
(2019/09/17 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4081-0ccfbb05