FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  みなさんはどういう時に
  秋を感じますか。
  今年はまだ例年より暑い日が続いていますが
  街のあちらこちらで
  彩りが濃くなってきたような気がします。
  栗の色、
  柿の色、
  葡萄の色、
  お芋の色、
  こうして並べると
  ほうら、秋を感じませんか。
  今日の絵本も
  そんな秋を感じる一冊、
  村上康成さんの『あきいろおさんぽ』を
  紹介します。
  秋を見つけに
  散歩するのもいいですね。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  絵本で季節を感じるということ                   

 角川文庫の『俳句歳時記 第五版』の「序」の冒頭に「季語には、日本文化のエッセンスが詰まっている」とあります。
 つまり、ここでいう日本文化とは四季を愛で、季節を感じる心と考えればいいのではないかと思います。
 地球温暖化で少し崩れかかってきているのではと危惧しますが、それでも日本には春夏秋冬という四季がはっきりしていて、そういう四季がもたらす情緒を大切にしているのは、しかし、俳句の世界だけではありません。
 子どもたちが読む絵本の世界にも、四季を感じます。
 絵本も四季から生まれる日本文化を大切に育んでいる創作といっていいと思います。

 この絵本の作者村上康成さんは1955年生まれ。
 小さい頃には魚釣りと絵を描くことばかりをしていたといいます。
 アウトドアの魚釣りとインドアの絵。釣り合わないような感じがしますが、魚釣りをしながら季節を体感していたのではないでしょうか。
 それが今の絵本づくりに生きているような気がします。
 この絵本でいえば主人公のるるちゃんがどんぐりばやしでスカートいっぱい、どんぐりを拾っている姿や夕焼け空に飛び交う赤トンボとか、ページいっぱいに描かれていないけれど、その隅々に秋を感じます。
 そういう体感って、やはり小さい時から自然のとなりにいないとわからないことかもしれません。

 自然が少なくなっていますが、その分絵本の世界がそれを補っている。
 この絵本を読んで、そんな気持ちになりました。
  
(2019/09/29 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4094-ff0673ff