FC2ブログ
 今回の「雑誌を歩く」で紹介する
 「NHK俳句」10月号(NHK出版)は
 裏表紙の話から始めます。

  

 雑誌の後ろには大抵
 価格が印字されているものです。
 「NHK俳句」10月号の場合、
 発売日は9月20日、
 つまり消費税がまだ8%の時。
 この時買えば700円(税込み)。
 でも、買いそびれたということもありますよね、
 購入が昨日の10月1日以降になれば
 10%の消費税率となって
 713円(税込み)で買うことになります。
 内容はまったく同じなのに
 なんという理不尽な。
 でも、これは仕方のないことで、
 そのために10月号の裏表紙には
 2つの価格が表示されています。
 もし、以前の号を10月以降に買おうとすれば
 表示は関係なく
 10%の消費税が徴収されるはず。
 雑誌を買うのも大変です。

 ただ、今回の10月号には
 別冊付録として「俳句手帖」が付いていて
 お得感があります。
 まさか消費税アップを気兼ねした訳でもないでしょうが。
 この手帖は、
 縦罫に加え、1㎝四方の方眼マス目が薄い線で入っていて
 自分仕様のメモ書きや
 俳句が閃いた時の覚え書きに使えるように
 なっています。
 この「俳句手帖」が真っ黒になるくらいだったら
 少しは上達するのでしょうが。

 おなじみ
 片山由美子選の「巻頭名句」は
 今月号も10句が掲載されています。
 その中から一句。

    運動会午後へ白線引き直す      西村 和子

 もちろん季語は「運動会」ですが
 最近では春に運動会をするところも多くなってきましたから
 将来春の俳句なんて言われることも
 あるかもしれません。
 地球温暖化は
 俳句の世界観にも影響してくるかも。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4097-afbc9197