FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  ラグビーW杯での日本チームの快進撃に
  きっとにわかファンが多いと思います。
  私もそう。
  何しろルールがよくわからない。
  ようやくトライで5点が入ることがわかった程度。
  それでも
  台風とか被害にあった人たちを勇気づける勝利に
  拍手喝采です。
  さらなる勝利を信じて。
  今日はアガサ・クリスティー
  『死との約束』を紹介します。
  いつものように
  霜月蒼さんの『アガサ・クリスティー完全攻略』の評価でいうと
  この作品は
  ★★★★★の最高点。
  なにしろ
  「ここにクリスティー流のミステリが完成」とまで
  書かれています。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  ポアロが聞いた殺人の予告                   

 アガサ・クリスティーが1938年に発表した、エルキュール・ポアロ物の一作。
 なんといっても、導入部がいい。
 「彼女を殺してしまわなきゃいけないんだよ」
 こんなセリフから始まる。しかも、それを聞いていたのがポアロで、「おれは、どうしてこうもいたるところで犯罪を連想させられるようなものにぶつかるのだろう!」とつぶやいたりしている。

 すわ、事件か!? と思いきや、殺人事件が起こるのはこの長編小説の半ばまで待っしかない。
 それまで被害者となるわがままし放題の老婆と彼女に隷属する息子や娘たち一家の、死海への観光旅行の様子が描かれていく。この一家に関わっていく医学博士や女医、あるいはたまたま同じツアーにはいった活発な女性代議士など、もちろんこれら登場人物の中に犯人がいるのだから、その挙動には目が離せない。
 そして、後半はポアロによる謎解きで、今回も関係者全員にその時々の様子を聞いていく。

 この作品には謎解きの他にもうひとつ悩ましい問題がある。
 それは被害者となる老婆が誰もが認めるひとでなしなのだ。彼女が死んだことで一家の誰もが安堵していて、もしこの場にポアロがいなかったら、彼女の死は病死扱いとなっていたかもしれないのである。
 これとよく似た事件がある。そう『オリエンタル急行の殺人』だ。
 しかし、今回の事件ではポアロは犯人を追い詰めていく。
 彼にとっては、被害者がどのような人物であれ、殺人を犯したものは見つけないといけないということだろう。
 さて、あなたは犯人を突き止められただろうか。
  
(2019/10/15 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4108-10a3c3a1