FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  10月31日はハロウィーン 
  そこで今日は
  高林麻里さんの
  『ゆめちゃんのハロウィーン』という絵本を
  紹介します。
  この絵本には
  「季節と行事のよみきかせ絵本」とあります。
  本当に絵本の世界は広い。
  絵本で季節を感じることができるのですから。
  書評のタイトルの
  「トリック オア トリート!」は
  ハロウィーンの合言葉みたいなもので
  「お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!」という意味。
  渋谷で楽しむ若者たちは
  後半の「いたずらしちゃうぞ!」だけにならないように。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  トリック オア トリート!                   

 角川文庫の『俳句歳時記 秋』の第五版は平成30年8月に初版刊行されていますが、残念ながら「ハロウィーン」はまだ季語として取り上げられていません。
 「ハロウィーン」が日本でも行事として定着してきたのはここ数年のことかと思います。特に東京・渋谷での若者たちの狂騒ぶりが毎年ニュースになって、いつの間にか秋の恒例行事になっていますから、そのうち「歳時記」にも載るようになるでしょう。

 でも、「ハロウィーン」がどんな行事なのか知らない人も多いかもしれません。
 まさか、子ども向けの絵本で教えてもらえるとは思っていませんでしたが、この絵本を読むとアメリカの子どもたちがどんなふうにしてこの日を楽しむかがよくわかります。
 絵本の舞台はニューヨーク。お話の主人公は「ゆめちゃん」という日本人の女の子。
 ゆめちゃんは幼稚園の年長組で、ニューヨークに来たのは一年前で、今回初めて「ハロウィーン」を楽しむことになりました。
 「ハロウィーン」と仮装はつきものですが、ゆめちゃんもお友だちに負けないよう魔女の衣装でがんばります。
 「ハロウィーン」の仮装は「悪霊から身を守るために顔に墨で黒く塗ったのが始まり」だということです。
 実はこの絵本のおわりに「ハロウィーン」がどんな行事なのか、その由来や仮装の意味などが丁寧に説明されています。
 大人たちにとっての「虎の巻」みたいなものです。

 この絵本の作者高林麻里さんはニューヨーク在住なので、本物の「ハロウィーン」が味わうことができる、楽しい作品です。
  
(2019/10/27 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4120-ba79963b