FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  昨日
  東京・上野にある東京都美術館で開催されている
  「コートールド美術館展 魅惑の印象派」展のことを
  書きましたが、
  その日今日紹介するこの本を
  予習のように読んでいました。
  それが原田マハさんの
  『原田マハの印象派物語』です。
  巻末にある対談に
  こんな言葉が出てきます。

    人生でただ一度しかない展覧会

  展覧会は一期一会だとありました。
  つまり
  展覧会というのは絵の配置にしろ
  会場の設営にしろ
  その展覧会でしかないものだというのです。
  そういわれれば
  確かにそう。
  そのたった一度の展覧会だからこそ
  名画たちもまたそれ以上に
  輝くのでしょう。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  いい展覧会を見終わったあとのような                   

 「とんぼの本」は、1983年に創刊された新潮社のビジュアルブックのシリーズの総称です。
 とんぼの特性のように、軽やかで幅広い視野をもった本でありたい、という思いから名づけられたといいます。
 ビジュアルブックですから写真図版が多用され、しかも写真集のように奇麗です。
 重厚感はありませんが、さまざまなジャンルの入門的な役割を果たしています。

 そんなシリーズの一冊として刊行されたこの本は、タイトルでもわかるように、今やアート小説の第一人者でしかも多くのファンをもつ原田マハさんが印象派絵画の魅力を美しい作品図版とともに綴ったものです。
 しかも単なる解説ではなく、原田マハさんによる印象派7人の画家たちのショートストーリーが添えられています。
 ビジュアルブックだけれど、短編集としても楽しめるようになっています。

 印象派7人の画家。
 モネ、マネ、ドガ、ルノワール、カイユボット、セザンヌ、そしてゴッホ。
 ある画家はまだ芽が出るまでの姿を、ある画家は死の直前に絵筆を持つ姿を、ある画家はその妻の視線から、ある画家は自分は正気であるという姿を。
 中でも、あまり知られていないカイユボットはその絵とともに魅力を感じました。
 現在では画家というよりも貧しかった印象派の画家たちを支援し続けたパトロン的な存在ながらも、その絵の構図は思わずハッとさせられる。

 巻末には原田マハさんと三菱一号館美術館館長である高橋明也氏との対談もおさめられています。
 いい展覧会を見終わったあとのような、極上の一冊です。
  
(2019/11/20 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4146-7c36f552