FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  二十四節気のひとつ、小雪

     小雪といふ野のかげり田のひかり    市村 究一郎

  この節気、
  「歳時記」にはほとんど内容が書かれていなくて
  ただ「二十四節気の一つで、11月22日ごろにあたる」とだけ。
  実にそっけない。
  まあ字を読めばわかるでしょ、ぐらいな。
  そう雪がちらつくそんな候。
  今日は「俳句絵本」を
  紹介します。
  俳句を詠んだのはねじめ正一さん。
  絵を描いたのは五味太郎さん。
  クレヨンハウスが出版しています。
  タイトルは『みどりとなずな』。
  これは俳句の気分で読むのが
  いいのかな。
  それとも絵本を開くようにかな。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  俳句だって絵本になる                   

 「俳句絵本」です。
 書かれているのは俳句ですが、句集ではなく「俳句絵本」です。
 俳句が絵本になることよりも、俳句さえ絵本にしてしまう絵本の懐の深さに驚いてしまいます。
 俳句を詠んだのは詩人で『高円寺純情商店街』で第101回直木賞を受賞した作家でもある、ねじめ正一さん。
 絵を描いたのは絵本作家の五味太郎さん。
 五味さんといえば独特のタッチで数多くの絵本を描いてきた有名な絵本作家ですが、この絵本はそんな五味さんのタッチではなく、ねじめさんの俳句をじゃますることなく、それでいて俳句と寄り添いながら、絵だけ見てても俳句の世界に入れる、そんな世界観になっています。

 この絵本で詠まれている俳句は全部で30句。
 ねじめさんのお母さんの看護のさまが詠まれています。
 例えば、こんな句。「病院の母と二人の雛祭り」。
 ベッドで酸素マスクをつけている母を見るのは息子として辛いでしょうが、こうして俳句になればどこか突き抜けた感じがします。
看護の甲斐空しくお母さんは2017年9月に亡くなります。
 その時詠んだ句。「九月の酸素マスクの母が逝く」。
 こんな句が続きます。「みどりの名酸素マスクの紐に書く」。
 タイトルの「みどり」はお母さんの名前だったのです。

 では、「なずな」。
 お母さんが逝ったあと、ねじめさんに孫娘が生まれます。
 その子の名前が「なずな」。
 詠んだ句が「母逝ってなずな生まれる宇宙あり」。
 そんないのちの句に五味さんは色と形だけで応えている、そんな「俳句絵本」です。
  
(2019/11/22 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4148-6aa58d9f